2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親は推薦推しだったのに
2016年08月10日 (水) | 編集 |
夏休み前4月から7月まではまだまだ真剣さもなく、「本当にあなたは受験生なの?」というような生活ぶりでした。夏休みは、学校から「400時間勉強するように」と指示が出ていたこともあり、ようやく少し受験生モードに。学校の自習室や市の学習室など家以外で勉強したほうが捗ることを発見して、勉強時間はずいぶん増えました。私はうん十年前の記憶から、受験生は予備校に通うものだという思い込みがあり、古文の夏期講習5日間に無理に通わせたのもこの頃。でも結果は「悪くはなかったけど、電車に30分以上も乗って行くほどのものではない」とのことで、この後は予備校や塾など一切行くことなく終わってしまいました。学校で夏休み中の補習はあったんですが、昔代ゼミで週に一度授業を取っていた私からすると、学校の授業だけで大丈夫なのかなあ??とかなり心配なものがありました。

夏休みが終わった頃には、四谷の大学の自己推薦入試なんかどう?という話に。私は実は卒業生で、校風も娘にぴったりだと思うし、こじんまりした良い大学で今でも大学時代の友人とは仲良くしているし、学力的にも娘にはちょうど良いかなと。それになんといっても推薦は経済的にも大変有難いですからね。娘も結構乗り気。が! 秋の模試で、ここはA判定。すると、娘は福沢諭吉先生の大学を目指したいと言い出したんです!

ええーっ!! そもそも遠いよ。それに一般受験はお金もかかる上に、もうドキドキして本番何があるかわからないし、本当に大変だよ!
と言ったんですけど…文学部が遠い神奈川県のキャンパスにあるのは1年だけで、1年ぐらいならなんとかなると。ちなみに娘は四谷のキャンパスは何度も行ったし、三田もちらっと行ったけど、日吉のキャンパスというところは行ったこともない…。

そうこうしているうちにあっという間に11月になり、自己推薦入試の願書の締め切りも迫ってきています。娘が進路指導の先生と相談した結果、模試で諭吉先生の大学もA判定が出ていることから、一般受験にゴーサインが。私からは、四谷の大学は死守することを条件に、魅力的な推薦を泣く泣く諦め(私が)、一般受験にチャレンジすることになったのでした。

娘の成績自体は国語以外はまあまあ安定していて、河合の模試で英語が偏差値70~80、世界史が70、国語は55~62。非常に国語、特に古文、漢文が弱い。漢文は必死に句型を覚えて、冬前からはだいぶましになりましたが、古文は…。諭吉先生の大学は国語の代わりに小論文で、模試ではもちろん小論文なんかやりませんから、合格判定は英語と世界史だけで出すんです。そりゃ楽々A判定取れますよね、帰国子女は。判定が当てになるとも思えず、とりあえず12月下旬にある早慶オープン(ここでは小論文が出される)の結果を見よう、ということになりました。

スポンサーサイト
久しぶりです
2016年08月09日 (火) | 編集 |
1年半以上も開いてしまいました~。

うちの呑気な娘も無事大学生になりまして、無茶苦茶遠いのですが、2時間も電車に乗って大学に通っています。こんな遠距離通学することになりましたのは少々紆余曲折がありまして…。

数学で常に一番下のクラスにいて、酷いときには学年で下から2番という成績を取っていた娘は、高校1年の最後には、2年生で数学を全く履修しない私立文系クラス(略して私文)を勧められてしまいました。せめて地元国立大学を受験する選択肢を残すためにも2年生で数学を捨て去るのはどうしたものか??と親は抵抗したんですけど、担任の先生は「2次試験で数学がある限り難しい。2次に数学がない東京外語なら可能性あるかも?」という判断。東京外語はその昔、私の第一志望だった大学ですが、残念ながら当時のキャンパスから移転していて、今はうちからは通えないんですよねぇ。そして残念ながらうちには下宿という選択肢はないので、東京外語大の受験は無理、私文しかないという結論になってしまいました。

高校2年生から数学の授業はゼロ。それに伴い理科の授業もゼロ。こんな時間割ってあり?!と親はあんぐり。ただ後から振り返ると、それだけ英国社会を勉強したかというと全く微塵もそんなことはなかったです。推薦を狙うのでない限り、2年生で数学を取らないメリットはあんまりないような。もちろんその時点では推薦の希望はあったんですけどね。

2年生もテスト前以外に勉強する時間は皆無のまま終わり、3年生になった娘。外部の模試もさほど受けていなかったため、一体どの程度の力があるのかさっぱりわからずでした。ちなみに、志望学科もなんと文学部史学科という今どき化石のような学科。就職あるの?!? ただ自分の経験から、就職のために興味のない学科に進んでも非常につまらないのは実感していたので、「とにかく偏差値の高い大学を目指す(そうでないと就職できなさそうだから)」「大学在学中に必ず英検1級を取る」を条件に、本人の希望どおり文学部一本で行くことになりました。







進研模試
2013年12月05日 (木) | 編集 |
娘の学校では、高校生から外部の模試を受けます。この前受けた模試の結果が返ってきたんですけど・・・国数英の偏差値グラフが恐ろしいことに。極端な二等辺三角形。数学の偏差値が40台で、国語が50台って。受ける大学があるのでしょうかね?! 唯一の慰めは、塾などは一切行っていないこと、試験前を除くと自宅勉強時間はゼロなこと。つまり学校の授業でしか勉強していない(それもだいたい居眠りしているらしい)ため、少しは伸びしろがあるかも・・・と信じたいです。

英語の偏差値は、83になっていますが、まあこれはいちおう帰国子女ですから、こんなものですよね。校内順位は5位で、同じ学校には偏差値が90近い人がいそうです。高校3年生になってこの偏差値が維持できればいいですが、残念ながらとてもそうは思えません。

というのも、英語の答案を見たら、英作文のところに「I have tried...(略)... five years ago.」なんて書いてあります。思わず呆れて、「現在完了の文章にagoを入れたら、絶対駄目じゃん!」と叫んでしまいました。「アメリカ人がどう使うかは知らないけど、日本の英文法では、現在完了に過去の表現を使ったら駄目なんだよ! 日本の英文法の基本中の基本でしょ!!」 すると「そうなの? 現在完了ってどういうときに使うんだっけ? しょっちゅう使わない?」 はあ?!? 「現在完了には、継続と完了と経験の3用法があって、それぞれ使われる単語が決まっているんだよ。alreadyやyetは完了とか、~times、never、everは経験とか。中学のときに習ったでしょ?」「ええ~、そうだっけ?」 公立高校の生徒なら全員知っていることなのに、全く覚えていないなんて驚愕ものです。

もう一つの英作文も「Is this your first time to Kyoto?」なんて書いてあります。ま、アメリカ人にそう言っても、完璧に通じると思います。でも、日本の英語では、「Is this your first visit to Kyoto?」と書かないと、満点はもらえないでしょう。これも基本の構文ですよねぇ。
まあこのへんは中学英語の範囲内ではありますが、こういう日本式英文法の基本を落としたままで大学受験に通用するのか、これからいっそう難しくなる英文法(日本式の)を娘はマスターできるのか・・・答えは2年半後ですね。(意外ともうすぐなんだなあ)

今回の英語で一つ良かったことは、いつもは苦手なアクセント・発音問題が全問正解していること。娘の話す単語のアクセントや発音はもちろんほぼ正確なのですが、どういうわけか問題は解けなかったんです。(謎ですよねぇ!) でもこれは娘だけの問題ではないらしく、なんと数週間前に娘の英語のニュージーランド人の先生が帰国生クラスで「あなたたちの多くはアクセント・発音問題に苦労していますが、これはよくあることです。ではちょっと特訓をしましょう。」(娘は実際にはこの部分を英語で言ったんですが、詳細を忘れたので日本語にしました)と、授業を1時間つぶし、みんなで練習したのだそうです! 娘によると「おかげでコツをつかめた!」 どんなコツなのか聞きましたが、「スペルにとらわれるな、とかそういう感じ」とさっぱり要領を得ませんでした。
それにしても、英語の単語を正確に発音できる帰国生が正解できない発音問題って・・・。そのために特別に特訓をする帰国生たちというのも、可笑しいというかなんというか。つまりアメリカ人にあれを解かせても正解できないのかな?

Diary of a Wimpy Kidの新刊
2013年12月02日 (月) | 編集 |
息子がA Series of Unfortunate Eventsの9巻を読み終わりそうなので、10巻~12巻セットを注文しようとamazon jpを開けたところ、Diary of a Wimpy Kidの新刊をお勧めされました。毎年これくらいの時期に新しい巻が発売されるみたいですね。アメリカのアマゾンのレビューを読むとみんなが絶賛していたので、A Series of Unfortunate Eventsと一緒に早速注文。

Diary of a Wimpy Kid #8 - Hard LuckDiary of a Wimpy Kid #8 - Hard Luck
(2013/11/05)
Jeff Kinney

商品詳細を見る


この前の土曜日、夕食前にうちに配達されました。すると、息子は夕食が終わってからおもむろに読み始めて、なんと2時間弱で(1時間半ぐらいだったかなあ)、一気に読み終えてしまいました。そんなに面白かったのか?!とびっくり。絵もいっぱいある本なので、短時間で読めるのは確かなんですけど、それよりも、いつも英語の本はせいぜい25分くらいしか続けて読めないのに、そんなに長い時間読んだことに驚愕しました。

この本は漫画みたいな絵がふんだんに盛り込まれているため、ゾロリみたいな感じかと以前は先入観がありましたけど、実際に読んでみると、文章は洗練されているし、読み応えがあります。(もちろんゾロリも低学年の子には素晴らしい本ですが!) 平易なトピックをしっかりした英文で書くという意味で、高校生の英作文の練習にも良さそう。もともとの内容としては9歳から12歳ぐらい向けかと思われますが、16歳の娘も喜んで読んでいます(精神年齢が低いのかも)。 

もし自分の子供が帰国子女でなかったら
2013年11月29日 (金) | 編集 |
最近は3歳ぐらいから子供たちに英語を教えることが多いみたいですね。うちは、たまたま帰国子女になってしまったから、7歳で帰国した息子にはいろいろ英語をやらせていますが、「せっかく喋れるのにもったいない!」という気持ちからだけで、もし帰国子女でなかったら、10歳ぐらいまでは何もやらせていないと思います。実際、7歳でアメリカに行った娘はその時点でアルファベットすら知らなかったし。

どうして何もやらせていなかったかというと、自分が英語を始めたのが小学5年生からで、特に不自由がなかったから。それくらいからで充分なんじゃ?と思っていたからですね。

自分の英語勉強暦を振り返ってみますと:

小学校5年生から2年間、母の友人(普通の日本人)がやっている英会話教室に2年間行きました。よくある歌やゲームとか。あまり面白くはなかったです。気恥ずかしかった記憶が。
中学校は学校の勉強だけ。英語の成績は良かったと思います。
高校時代は、カナダ人のところで1対1、または1対2で週に一度英会話を習っていました。
高校2年の夏、ロンドン郊外に3週間ホームステイ。
高3はかなり必死に受験勉強。

大学時代は別に何もやらなかったような。英検準1級、TOEIC700点台とごく一般的な成績。
社会人になってからも、まあミステリーを原書で読むくらい。TOEICは860点。TOEFLは600点。

結婚して、夫と一緒にアメリカに行くことに。大学付属の英語学校に1年間通いました。
大学院に願書を出して受かったので、大学院生活を1年半。
帰国後10年間育児をして、再び家族でアメリカに4年。
帰国後4年近くたって受けたTOEICが970点。

今の自分の英語力は、新聞やビジネス文書、娯楽本は不自由なく読めるが、文学書は無理。ニュースや公的なアナウンスメント、学校の先生などの英語は問題なく聞き取れるが、アメリカ人同士の会話は半分もわからない。1対1の会話ならほぼ大丈夫。書くほうはメールでも論文でも結構書ける。話すのは、アメリカ人の中にずっといると段々慣れてきて話せるようになるけど、英語を話さない期間が長くなると途端に話せなくなる。
総括すると、英語環境に放り込まれれば、なんとかサバイバルできるレベルかなあと。

自分が子供達に望む英語力のレベルは、まあ自分と同じぐらいでいいかな、と思います。そうすると、小さい頃に英語を勉強するよりも、20歳を過ぎてからアメリカの大学院で勉強した経験のほうが、英語力アップに断然役立ったので、子供達にもそちらのほうを勧めたいですね。ただ、ヒアリング力はやっぱり小さい頃から鍛えたほうがいいかなあ~。私の耳は絶対に娘や息子の耳にかなわないですから。

もし自分の子供が帰国子女でなかったら、

・小学生時代はフォニックスとボキャブラリー・アップのためのカードくらい。
フォニックスはアメリカに行くまで知りませんでしたが、とてもいいと思います。発音も習得できそうだし。
あと、ボキャブラリーはすごく大事。乱暴なことを言えば、単語の意味さえ全部わかっていれば、文法なんて一つも知らなくても、文章の意味はわかるわけで。

・中学校、高校は英文法をしっかりやる。なるべく洋書を読む。英語を聞く。今はyoutubeもあって、いくらでも海外のテレビ番組など見れるから恵まれていますよね。あっ、自分は高校生で短期ホームステイして楽しかったので、それもいいかも。ただ、高校生で1年留学するよりは、大学以降のほうがいいと個人的には思います。

・大学生以上で、大学か大学院に留学。大学院が一番入りやすいし、自分も周りも大人なので勉強もスムースだと思います。

別に幼稚園時代から親子で英語で話さなくても、これくらいで充分じゃないかなあ。ただ、自分と子供はまた別人格なので、自分が良かったからといって、子供もそううまくいかないところがあるから難しいですよね(苦笑)。
とりあえず小学校の英語教育に望むことは、フォニックスとボキャブラリーです。一番覚えるのが容易な年代なんですから、片っ端から英単語を教えちゃえばいいのに! 毎年挨拶ばかり教えたってねえ・・・。
ぎりぎりで・・・
2013年11月25日 (月) | 編集 |
息子の英検2級、1次試験が予想よりもずっと良い出来だったので、2次試験については正直なところ甘く見ていました。そりゃあ、最初の問題は結構小学生には難しくて、過去問をやったときにはとんちんかんちんな答えが返ってくることも多かったのですが、他にも問題はあるし、リカバリーできるだろうと。

先週はポール・マッカートニーのコンサートに行ったりして、自分は大忙しで上の空の7日間だったわけですが、その合間にネットで合否状況を軽くチェック。すると・・・。

合格最低点が19点。息子の得点は20点。ええっ!? な、なんとかぎりぎり合格ではあります。でも危なかったなあ、ぎりぎりじゃん! 去年の準2級は、33点満点のところ31点だったはず。それが、たった20点って。いったい何があった?!

改めて息子に聞いたところ、「待たされてる時間が長すぎて、暑くて頭がぼーとしてた。stuffって言い過ぎた。ま、いいじゃん、合格したんだし。」とのことです。ちなみに最初の問題のトピックが何だったか、当日尋ねたのですが、「なんか大学のことだったけど、もう忘れた。」 よっぽど馴染みのない話題だったのか。

とりあえずうちは小学生のうちは準1級は受けないと思うので、しばらく英検はお休み。それにしても、びっくりしたなあ。
英検一次の詳細結果
2013年11月03日 (日) | 編集 |
息子の英検2級一次試験の詳細結果を見ました。

得点自体が家で過去問をやっていたときよりも全然良かったのでびっくりしたのですが、得点の詳細を見てさらにあんぐり。家でやっていたときと全然違うじゃん! いつものパターンは、大問1の語彙・熟語・文法は2~4問間違いぐらいで、リスニングが0~4問間違い、読解は下手すると10問間違いぐらい。作文も必ず2問は間違う。大問1とリスニングをきっちりやって、読解はまあしょうがない、という作戦だったのですが・・・。

image001.jpg本番の結果は、大問1が6問も間違っていて一番悪い。読解はわずか1問間違い、という驚愕の結果。読解問題が今回はものすごく易しかったんだろうか、と思わずにはいられない結果です。本人は、「僕は本番に強いから。」と妙な自信を。家で6回分もやった過去問はなんだったんだろう?と思ってしまいました。集中力の違いとかもあるのかなあ。

もう来週には2次試験の面接です。面接の過去問も少しやってみましたが、1問目は全然答えられません。また本番には奇跡的にできることを祈らなければ。

英検とIKEA
2013年10月26日 (土) | 編集 |
金曜日に息子の英検の結果をネットで見ました。75点中67点を取れていて、1次試験は合格。得点の詳細はまだ発表になっていないので、リスニングでどの程度稼いだのかはわかりませんが、家で過去問を解いていたときよりも良い得点でした。家では全問やる集中力がなくて、語彙問題だけとか読解問題だけとかバラバラに解いていたので、本番に時間配分ができるのか心配だったのですけど、大丈夫だったみたいです。過去問では15問~20問ぐらい落としていたのに、今回は簡単だったのかなあ?! 準2級は75問中72問正解だったから、それよりは間違いが多くなっていますが、2級はずいぶん準2級より難しいので、これだけ解ければ合格点ですね。

ところで話は変わりますが、今日はIKEAに行ってきました。アメリカでは行ったことがあるのですが、日本では初めて。最近娘が自分の部屋のインテリアに凝っていて、ベッドサイドに置くランプが欲しいと言うので・・・。
お店がとてもヨーロッパというか外国っぽい感じで良かったです。カフェのスペースが巨大なのにびっくりしました。娘が「この飲食代ですごく儲けているんじゃないの?!」と言っていましたが、確かに。お店がとにかく広いので、疲れてお腹も空くし喉も渇くんですよね。だからついつい途中カフェに寄ってしまう。娘と二人で食べたのは、フレンチフライ、シナモンロール、ワッフル、二人分のドリンクバー。シナモンロールはクーポンを使ったのでタダ。(もともと80円だけど)合計で670円。コストパフォーマンスいいねえ、と感動しました(笑)。スタバの一人分以下だもん。シナモンロールやワッフルが涙が出るほど美味なわけではありませんが、適度にシンプルでヨーロッパっぽくて(?)なんだか良かったです。あとテーブルや椅子がやっぱりスカンジナビアンで質素なんだけど素敵。娘曰く:「ああ、なんかヨーロッパの空港っぽいね。」

今日買ったのは、クッションカバー(リビング用)、ベッドサイドランプ、シーツ、枕カバー、フレーム大小、フレームに入れる絵(以上娘の部屋用)などなど。娘は部屋をアートな雰囲気にしたいそうで・・・。
私もわりとインテリアは好きなので、ついついまあいいかと娘の買い物を黙認してしまいます。いろいろ買ってレジを済ませると、その先には「ソフトクリーム 50円」の文字が。つい買ってしまった・・・。コストコにもこれありますよねぇ。食べ物はIKEAのほうが全般的に美味しかった気がしますけれども。
スピーチ・コンテストの結果
2013年10月19日 (土) | 編集 |
娘は夜9時ごろ意気揚々と帰宅。無事に新幹線に乗れて、無茶苦茶楽しかったそうです。「S市、まじ都会でびっくりした。」とか。そりゃそうでしょ、ここに比べれば(苦笑)。更に帰りに駅で買った特製プリン3個入りが感動的に美味しかったそうです。「帰りはAkira(仮名、同じ学校の男の子)だけ新幹線の別の車両だったの。だから私とYumi(仮名、うちに泊まった女の子)で、プリンを届けに行ったんだ。」 この高校生3人組、新幹線でどれだけ賑やかだったのか・・・同乗のお客さんに迷惑掛けていなければいいのですが。

さてスピーチ・コンテストの結果はというと、「私、2位だった♪」 1位は一緒に行ったYumiちゃん。まあ在米12年ですから(あっ、確か中学2年のときに編入してきたから、在米13年かも)当然の結果と言えましょう。同じ学校のAkira君(帰国生)もとても上手だったそうですが、さすがに同じ学校から1~3位独占はまずかったのでしょうねぇ。

しかし、ここで疑問です。こういう高校生の英語スピーチ・コンテストで、帰国子女ってどうなんでしょう?! 応募のときに海外在住歴を書く欄があったそうなので、主催者側は承知で選んでいるわけですが、いいのか?それで、と私はちょっと思ってしまいます。でもメジャーな上智大学の高校生スピーチ・コンテストもやはり海外歴は問われないので、最近のコンテストはそういう流れなのかもしれません。ちなみに娘の学年の帰国生で優秀な子たちは上智のコンテストに応募しましたが、誰も本戦には残れなかったようです。やはりレベルが違うようで・・・。

娘たちのために書いておくと、英語の発音はまあ当然としても、スピーチのプレゼンの仕方なども彼女ら3人は他の学校の生徒たちと全く違ったそうです。とにかくドラマティック、ジェスチャー満載、笑顔満開、非常にアメリカンなものだったらしい・・・。「うちら、かなり目立っていたね。」 そういうスピーチを恥ずかしがらずに演じきるのは結構難しいと思うので、その点は褒めてあげないと駄目ですね。私には絶対無理です、例え自分が帰国子女だったとしても。すごい上がり症なんだんもの。

娘は練習の段階からいつも「poverty」の発音が上手く行かなくて、本番もやっぱりとちってしまったらしい。「YumiとAkiraはね、それ聞いて『ああ、またやっちまった!』と思ったんだって。」と娘が話すのを聞いて、いいお友達がいて良かったなあと私は思ったのでした。
そうそう、商品は1位は図書券1万円分、2位は5千円分。娘は「1位と2位でずいぶん差があるなあ。Yumiと行ったのが間違いだった。でも、楽しかったからいいや。」と言っていました。
スピーチ・コンテストと英検
2013年10月13日 (日) | 編集 |
今週は、娘のスピーチ・コンテストと息子の英検2級受験が重なり、とても忙しかったです。

娘の学校では、高校生の帰国生は全員何らかのスピーチ・コンテストに参加しなければいけないそうで、ただしどの大学のコンテストに応募するかは自由。都内の有名大学にしておけばいいのに、娘はそれでは落ちるからと、遠方の全く聞いたことのない大学のコンテストに応募しました。すると書類審査が通ってしまい、娘の学校から娘も含めて3人が本戦に参加することに。

でも、とにかく恐ろしく遠い場所にある大学で、始発の電車に乗り、新幹線を使って数時間・・・。交通費が大変ですよ(泣)。しかも、一緒に参加するお友達は、アメリカで生まれ育つこと12年。一人では心配なので、前日の夜からうちに泊まって、うちから娘と二人で出発することになりました。

久しぶりのsleepoverというわけで、ピザを食べ、アイスクリームを食べながらテレビを見て、夜は娘の部屋でぺちゃくちゃおしゃべりを楽しむ二人。全然スピーチ・コンテストに臨む緊張感がありません。ただのsleepover、お泊り会です!

翌朝、私は4時20分に起き、4時半に二人を起こし、5時半の始発電車に乗る二人を最寄り駅まで車で送りました。二人とも新幹線に乗ったことはほとんどないはずですが(娘は生涯に2回のみ)、無事に乗れたでしょうか。帰りの特急券は「みどりの窓口」で買うように言いましたが、「みどりの窓口」を見つけることができたでしょうか。

そして午後からは私は息子の英検の付き添い。試験を終えるのを待っている時間が長いです。会場から出てきた息子は、またまた自信満々に「簡単だった!」 本当か?! こちらもいい加減疲れているので、問題を解く気力がありません。並び替え問題だけチェックしたところ、これは全部合っているようでした。ま、すぐに結果は出るので、それを待つことにします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。