2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親は推薦推しだったのに
2016年08月10日 (水) | 編集 |
夏休み前4月から7月まではまだまだ真剣さもなく、「本当にあなたは受験生なの?」というような生活ぶりでした。夏休みは、学校から「400時間勉強するように」と指示が出ていたこともあり、ようやく少し受験生モードに。学校の自習室や市の学習室など家以外で勉強したほうが捗ることを発見して、勉強時間はずいぶん増えました。私はうん十年前の記憶から、受験生は予備校に通うものだという思い込みがあり、古文の夏期講習5日間に無理に通わせたのもこの頃。でも結果は「悪くはなかったけど、電車に30分以上も乗って行くほどのものではない」とのことで、この後は予備校や塾など一切行くことなく終わってしまいました。学校で夏休み中の補習はあったんですが、昔代ゼミで週に一度授業を取っていた私からすると、学校の授業だけで大丈夫なのかなあ??とかなり心配なものがありました。

夏休みが終わった頃には、四谷の大学の自己推薦入試なんかどう?という話に。私は実は卒業生で、校風も娘にぴったりだと思うし、こじんまりした良い大学で今でも大学時代の友人とは仲良くしているし、学力的にも娘にはちょうど良いかなと。それになんといっても推薦は経済的にも大変有難いですからね。娘も結構乗り気。が! 秋の模試で、ここはA判定。すると、娘は福沢諭吉先生の大学を目指したいと言い出したんです!

ええーっ!! そもそも遠いよ。それに一般受験はお金もかかる上に、もうドキドキして本番何があるかわからないし、本当に大変だよ!
と言ったんですけど…文学部が遠い神奈川県のキャンパスにあるのは1年だけで、1年ぐらいならなんとかなると。ちなみに娘は四谷のキャンパスは何度も行ったし、三田もちらっと行ったけど、日吉のキャンパスというところは行ったこともない…。

そうこうしているうちにあっという間に11月になり、自己推薦入試の願書の締め切りも迫ってきています。娘が進路指導の先生と相談した結果、模試で諭吉先生の大学もA判定が出ていることから、一般受験にゴーサインが。私からは、四谷の大学は死守することを条件に、魅力的な推薦を泣く泣く諦め(私が)、一般受験にチャレンジすることになったのでした。

娘の成績自体は国語以外はまあまあ安定していて、河合の模試で英語が偏差値70~80、世界史が70、国語は55~62。非常に国語、特に古文、漢文が弱い。漢文は必死に句型を覚えて、冬前からはだいぶましになりましたが、古文は…。諭吉先生の大学は国語の代わりに小論文で、模試ではもちろん小論文なんかやりませんから、合格判定は英語と世界史だけで出すんです。そりゃ楽々A判定取れますよね、帰国子女は。判定が当てになるとも思えず、とりあえず12月下旬にある早慶オープン(ここでは小論文が出される)の結果を見よう、ということになりました。

スポンサーサイト
久しぶりです
2016年08月09日 (火) | 編集 |
1年半以上も開いてしまいました~。

うちの呑気な娘も無事大学生になりまして、無茶苦茶遠いのですが、2時間も電車に乗って大学に通っています。こんな遠距離通学することになりましたのは少々紆余曲折がありまして…。

数学で常に一番下のクラスにいて、酷いときには学年で下から2番という成績を取っていた娘は、高校1年の最後には、2年生で数学を全く履修しない私立文系クラス(略して私文)を勧められてしまいました。せめて地元国立大学を受験する選択肢を残すためにも2年生で数学を捨て去るのはどうしたものか??と親は抵抗したんですけど、担任の先生は「2次試験で数学がある限り難しい。2次に数学がない東京外語なら可能性あるかも?」という判断。東京外語はその昔、私の第一志望だった大学ですが、残念ながら当時のキャンパスから移転していて、今はうちからは通えないんですよねぇ。そして残念ながらうちには下宿という選択肢はないので、東京外語大の受験は無理、私文しかないという結論になってしまいました。

高校2年生から数学の授業はゼロ。それに伴い理科の授業もゼロ。こんな時間割ってあり?!と親はあんぐり。ただ後から振り返ると、それだけ英国社会を勉強したかというと全く微塵もそんなことはなかったです。推薦を狙うのでない限り、2年生で数学を取らないメリットはあんまりないような。もちろんその時点では推薦の希望はあったんですけどね。

2年生もテスト前以外に勉強する時間は皆無のまま終わり、3年生になった娘。外部の模試もさほど受けていなかったため、一体どの程度の力があるのかさっぱりわからずでした。ちなみに、志望学科もなんと文学部史学科という今どき化石のような学科。就職あるの?!? ただ自分の経験から、就職のために興味のない学科に進んでも非常につまらないのは実感していたので、「とにかく偏差値の高い大学を目指す(そうでないと就職できなさそうだから)」「大学在学中に必ず英検1級を取る」を条件に、本人の希望どおり文学部一本で行くことになりました。







ぎりぎりで・・・
2013年11月25日 (月) | 編集 |
息子の英検2級、1次試験が予想よりもずっと良い出来だったので、2次試験については正直なところ甘く見ていました。そりゃあ、最初の問題は結構小学生には難しくて、過去問をやったときにはとんちんかんちんな答えが返ってくることも多かったのですが、他にも問題はあるし、リカバリーできるだろうと。

先週はポール・マッカートニーのコンサートに行ったりして、自分は大忙しで上の空の7日間だったわけですが、その合間にネットで合否状況を軽くチェック。すると・・・。

合格最低点が19点。息子の得点は20点。ええっ!? な、なんとかぎりぎり合格ではあります。でも危なかったなあ、ぎりぎりじゃん! 去年の準2級は、33点満点のところ31点だったはず。それが、たった20点って。いったい何があった?!

改めて息子に聞いたところ、「待たされてる時間が長すぎて、暑くて頭がぼーとしてた。stuffって言い過ぎた。ま、いいじゃん、合格したんだし。」とのことです。ちなみに最初の問題のトピックが何だったか、当日尋ねたのですが、「なんか大学のことだったけど、もう忘れた。」 よっぽど馴染みのない話題だったのか。

とりあえずうちは小学生のうちは準1級は受けないと思うので、しばらく英検はお休み。それにしても、びっくりしたなあ。
夏休みも終わった
2013年09月09日 (月) | 編集 |
今年の夏休みはなんだか冴えませんでした。たぶん海外に行かなかったせいです。去年は香港、その前は2年連続でヨーロッパ、その前はアメリカに住んでいたし、アメリカに行く前はシンガポールとかハワイとか近場に行っていたし。よくよく考えると、息子が生まれた2002年にどこにも行かなかった夏以来かも。ということは11年ぶり?! まあ、最近はお金もないですしねえ。ただ来年は娘が修学旅行でオーストラリアに行きますし、その翌年は高校3年生でさすがに海外はないでしょう。そう思うと、今年は家族4人で海外旅行をする最後の年だったのに、残念。冬にどうするかなあ。

勉強のほうも娘は全然しませんでした。ディズニーランド、宝塚観劇、東京で友達と遊び、カラオケ・・・。夏期講座も取らず、読書もせず、宿題はやっつけ。これが高校受験をしてきた高校1年生なら、1年間ぐらい羽を伸ばしてもいいかと思えますが、中学3年間充分羽を伸ばした後ですからね(ため息)。

息子のほうも、全般的にダラダラ過ごしてしまいました。英語面でも特に何もしなかったし。
読書は、こちらの三冊は読了:
A Series of Unfortunate Events Box: The Situation Worsens (Books 4-6)A Series of Unfortunate Events Box: The Situation Worsens (Books 4-6)
(2002/10/01)
Lemony Snicket

商品詳細を見る


ペーパーバックが見つからなくて、仕方なくハードカバーの3冊セットを購入しました。クラシックな装丁で素敵なんですけれど、ちょっと高いです。
このシリーズを読み進めたいというので、こちらを購入し:
A Series of Unfortunate Events Box: The Dilemma Deepens (Books 7-9)A Series of Unfortunate Events Box: The Dilemma Deepens (Books 7-9)
(2003/09/23)
Lemony Snicket

商品詳細を見る


今は7巻目を読書中。これは最後まで買い続けるしかなさそうです。

気がつけば、息子もアメリカにいたら6年生、ミドルスクーラーです! びっくりだなあ。息子のクラスメートたち、みんなRedwoodに進んでいるんだなあ。ミドルスクールになると学校でダンスパーティーもあるし、授業は全部移動して受けるし、急に大人っぽくなるんですよね。日本にいる息子はまだまだ小学5年生なわけで、なんだか不思議です。

Grade 5のワークブックは年内に終われば、というところですが、この本だけは既に終了しました:
Building Spelling Skills: Grade 5Building Spelling Skills: Grade 5
(2002/03)
Evan-Moor

商品詳細を見る


それほど難しいボキャブラリーはありませんが、地道にスペリングを定着できるので良い教材だと思います。Grade 5でも、日本の高校1年生ぐらいのボキャブラリーのレベルはありそう。
また最近ディクテーション部分を、息子自身に録音させているんですけど、自分の英語の発音を自分で聞くと、より注意深く発音するようになるみたいです。

Grade 6も早く注文しなくては。
あと英検2級も申し込んだのでした。こちらも問題集購入が必要です。娘が使ったのは確か5年前にお友達にあげちゃったから。


遠泳
2013年08月05日 (月) | 編集 |
夏休みにとっくに入っていますが、今年の夏はお天気がちょっと変ですね。学期最後の一週間は異常に暑かったのに、お休みに入った途端に気温も低めだし、曇り空ばかり。夏休み気分が全然盛り上がりません。

そんな中、娘は学校行事の遠泳に出かけました。娘の学校は変な行事がたくさんあり、中2のときは近隣の山まで学校から20キロ歩いてキャンプとか、中3では比叡山延暦寺で座禅とか。中でも最高に大変なのが高1での遠泳。なんと千葉の海で2キロ→4キロを2時間かけて泳がないといけないんです。この行事のために高1は6月から毎日プールで平泳ぎの授業があり、タイムが出ない子は補習まで。娘ももろに補習にひっかかっていました。

夏休みに入ってからも、友達とプールで自主的に練習などをしていた娘、いよいよ本番の日がやってきました。3泊4日。まず千葉の海で現地集合なのですが、遅刻したら来年に回されるとのことで、親まで緊張しました。余裕を見て5時間前に出発。帰ってこなかったから無事に間に合ったのでしょう。

そして娘がいない間、現地の先生からメールが届きます。それには「例年より水温が低く、午後は波が高いです。A隊、B隊は順調です。でもC隊は心の折れている子が多数です。なんとか頑張ってほしいものです。」なんて書いてあります! 娘がどの隊なのか知らないけれど、補習に引っかかったぐらいなのでたぶんCでしょう。それまでは「体力だけはあるし」と特に心配してなかったのですが、この先生のメールで急に心配になってきました。普段は片道8キロの自転車通学で鍛えられているけど、休みに入ってからは自転車に乗っていないしなあ~。

今まで気にかけたこともなかった天気予報の「今日の波の高さは1メートル50センチ」というアナウンスに「うわっ、波高いじゃん。」とびくびく。
で、今日の夕方に娘は無事帰宅。「ど、どうだった? 泳げたの? C隊だったんでしょ?」と聞くと、「泳げたよ~。B隊だったし。B隊は全員完泳だったよ!」 おー、それは良かった。1日目は30分、2日目は1時間、3日目の本番は2時間とだんだん泳ぐ時間が増えていき、徐々に長時間泳ぐことに慣れていったみたいです。ゴール地点の波打ち際には、A隊とC隊の子達が待ち受けていて、声援と祝福の声が響き感動的だったとか。青春ですねぇ。娘いわく「延暦寺の座禅のほうが大変だった。」 さすが体力には自信があるだけのことはあります。「一生分泳いだから海はもういい」とのことですが、これから何があるかわからない日本、今回の体験が役立つ日もきっとあるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。