2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検とIKEA
2013年10月26日 (土) | 編集 |
金曜日に息子の英検の結果をネットで見ました。75点中67点を取れていて、1次試験は合格。得点の詳細はまだ発表になっていないので、リスニングでどの程度稼いだのかはわかりませんが、家で過去問を解いていたときよりも良い得点でした。家では全問やる集中力がなくて、語彙問題だけとか読解問題だけとかバラバラに解いていたので、本番に時間配分ができるのか心配だったのですけど、大丈夫だったみたいです。過去問では15問~20問ぐらい落としていたのに、今回は簡単だったのかなあ?! 準2級は75問中72問正解だったから、それよりは間違いが多くなっていますが、2級はずいぶん準2級より難しいので、これだけ解ければ合格点ですね。

ところで話は変わりますが、今日はIKEAに行ってきました。アメリカでは行ったことがあるのですが、日本では初めて。最近娘が自分の部屋のインテリアに凝っていて、ベッドサイドに置くランプが欲しいと言うので・・・。
お店がとてもヨーロッパというか外国っぽい感じで良かったです。カフェのスペースが巨大なのにびっくりしました。娘が「この飲食代ですごく儲けているんじゃないの?!」と言っていましたが、確かに。お店がとにかく広いので、疲れてお腹も空くし喉も渇くんですよね。だからついつい途中カフェに寄ってしまう。娘と二人で食べたのは、フレンチフライ、シナモンロール、ワッフル、二人分のドリンクバー。シナモンロールはクーポンを使ったのでタダ。(もともと80円だけど)合計で670円。コストパフォーマンスいいねえ、と感動しました(笑)。スタバの一人分以下だもん。シナモンロールやワッフルが涙が出るほど美味なわけではありませんが、適度にシンプルでヨーロッパっぽくて(?)なんだか良かったです。あとテーブルや椅子がやっぱりスカンジナビアンで質素なんだけど素敵。娘曰く:「ああ、なんかヨーロッパの空港っぽいね。」

今日買ったのは、クッションカバー(リビング用)、ベッドサイドランプ、シーツ、枕カバー、フレーム大小、フレームに入れる絵(以上娘の部屋用)などなど。娘は部屋をアートな雰囲気にしたいそうで・・・。
私もわりとインテリアは好きなので、ついついまあいいかと娘の買い物を黙認してしまいます。いろいろ買ってレジを済ませると、その先には「ソフトクリーム 50円」の文字が。つい買ってしまった・・・。コストコにもこれありますよねぇ。食べ物はIKEAのほうが全般的に美味しかった気がしますけれども。
スポンサーサイト
前期終了
2013年10月11日 (金) | 編集 |
娘も息子も前期が終了して、通知表を持ち帰りました。

成績は、二人ともまあまあだったかな。
娘のほうは、わりと学校の点数の付け方が甘いので、親からすると、ん?と思う教科がたくさんあります。例えば、数学や物理はテストの点数からすると2でもいいはずなのに3がついているし、現国はどう考えても4なのに5になっているし。まあ、テストの点数だけではなく、提出物などの評価も入っているのかも。娘は息子と違って、そのへんはまあまあちゃんと出すほうです。こんなに甘い評点の付け方のため、娘は評点平均4.3を超えていますが、なんと学年の4分の1以上は4.3を超えているらしい。うーん、推薦とかはどうなるのだろう・・・。
それはともかく、先生のコメントには「高校生になって、勉強が計画的にできるようになりました。頑張りましたね。」とありました。コメントも甘め?ではありますが、本人は鼻高々。まあ、この調子で頑張ってほしいものです。

一方、最近はもはや中2病?!とも思えるような小学5年生の息子。国語、算数、理科が3で、あとは全部2(3段階評価)。All3の子も多いのでしょうけど、まあこんなものかなあ、と少しほっとしました。このところ全く家で勉強しないし、態度も反抗的なので、もっと酷いかと想像していたんです。
図画工作は、本人的には得意のはずで3も取れそうだけど・・・息子いわく:「My teacher doesn't know what I'm capable of.」と生意気な発言。いやいや、たぶん授業中不真面目な態度で適当にやっているのでしょう。
先生の総評には、「授業中たくさん発言をし、授業を引っ張っています。」みたいなことが書いてあったので、まあまあよしとしましょう。

ただ、社会が2というのが・・・。うちの家族で社会が不得意なんて! 私も夫も社会科科目は得意だし、娘の唯一の得意科目でもあります。おかしいなあ。でも思い返すと、私も小学校の頃は、社会はあまり好きではなかったかもしれません。日本の農業や、平野の名前など、あまり興味が持てなかったんですよね。中学校に入ってから、世界史や現社は得意になったので、息子も大丈夫かも。理系には社会科はあまり重要ではないかもしれないし。



TOEICの結果(私の)が来ました~
2013年06月20日 (木) | 編集 |
英検と同じくネットで見れるんですね! いちおう目標点は900点だったのですけれど、970点取れていました!
Listeningが495点、Readingが475点。今日まで知りませんでしたが、TOEICは各パートが495点満点、トータル990点満点なのだそうです。なので、Listeningは満点を取れたということになりますが、ちょっと不思議。数問、自信がない問題があったんですよね。ただTOEICの場合は、100問中2~3問間違えても満点になることはあるそうです。(不思議なシステムだなあ~) 逆にReadingの点のほうが低いのが、これまた謎です。そんなに間違えた気がしないのに、20点分も落としているなんて。でもまあ、年齢も年齢ですし、これくらいの点が取れればもうTOEICは一生受けないような気がします。パート転職活動に役立てばいいのですけど。

それにしても映画の台詞は30%ぐらいしか聞き取れず、まったくペラペラ喋れないのにこの点数というのは、TOEICはあんまり当てにならないなあと思いました。娘が900点前後を取れるなら、総合的な英語力はまだ私のほうが上だと思うので、相対的には大体これくらいの点数でいいわけですが。満点の990点を取ったとしても、たぶんアメリカ人ネイティブ並みの英語力と比べると半分程度の英語力でしょうね。

TOEICに関しては、一応目標達成という感じなので、次はいよいよ英検一級でしょうか?! もはや転職のためというより、資格マニア化していきそうです(苦笑)。だってこの年齢だと、いくら英語の資格があってもなかなかお仕事には結びつきませんものね。でもまあ、昔から英語は好きだったので、英検一級は憧れなところもあったわけで、人生後半にそれに向かってチャレンジするのも悪くないかもしれません。 
20年ぶりのTOEIC受験!
2013年05月27日 (月) | 編集 |
とても久しぶりになってしまいました。4月から無茶苦茶忙しくて、6月29日まで毎週末予定が入っています。でも特に大変だったのは先週末。土曜日は小学校の奉仕作業で、日曜日はなんと第180回TOEIC受験(私が)!!

パートの就職活動に近い将来必要になるかなあ~と思って。いちおうTOEICは860点という点は持っています。この点は素晴らしいというほどではありませんが、まあまあな得点。ただ20年も前の得点なんですよねぇ。履歴書に平成一桁年代でTOEICの点を書くのもどうなんだろう、と。そういうわけで、最近は簡単にネットで申し込みもできますし、思い切って受験してきました。

受験前は、一応「直前の技術」とかいうテクニック本と、公式問題集Vol.5というもので2週間ほど勉強しました。昔はこんなものなくてぶっつけ本番でしたが、今はリスニングもCDで練習できるし、すごいですね~。テクニック本には、リスニングは問題を先に読めとか、長文も全部は読まず問題をやりながら読め、などいろいろ小手先テクニックが書いてありました。でも本番そっくりな問題集をやってみたところ、結局はリスニングはリスニングに集中、長文は全部読むのが私には一番いいようでした。長文を全部読んでも時間は15分ほどあまるから、もう少し丁寧にやったほうがいいんだろうなあ、というのが試験前の感触。

さて、試験当日。試験会場は国際会議場! 駐車場は付設の45台しかないところにはきっと停められないだろうと覚悟して行ったら、ガラ空き。見回すと、20代前半ぐらいの人たちばかりでみんな自転車、または親の送迎のようでした(笑)。なんといっても国際会議場ですから、ものすごく綺麗で快適。冷房が効きすぎて寒いくらい。20年前はどこかの大学の教室で受けたような記憶がありますが。
そして指定のお部屋。ざっと見渡したところ、私が最高齢だったかも。今は携帯電話の電源チェックがあるんですねぇ。これは絶対に昔はなかった。
マークシートを塗るのも、何年ぶりでしょう?! TOEFLとGREを受けたのが最後だと思うから18年ぶりくらいかもしれません。自分の名前や生年月日を塗る欄がとても小さくて見えにくくて、うわっ、老眼来ているな~と焦りました。幸い裏の解答欄のマーク欄はわりと大きくて大丈夫だったんですが(ほっ)。でもこれもあと5年くらいしたら怪しいですね。

さて肝心の試験そのものですが、まあ、普通の出来だったかな? リスニングは、写真を見て答える、会話の答えを選択する、会話を聞いて内容を答える、アナウンスを聞いて内容を答えるの4種類があります。(昔からこうでしたっけ? 全く記憶ないです。) 
私が一番得意なのは会話の答えを選択するPart2ですが、ちょっと引っ掛け問題もあったような気がします。でもこれは、アメリカに在住していた人には楽な問題だと思います。反射的に答えを選択できる感じ。
会話やアナウンスなど長文を聞いてから、質問に答えるPart3、Part4は、記憶力が薄れつつある中年には厳しいものがありますが、まあなんとかなったかなあ~(はっきりわからない)。そのアナウンス問題で私が一番得意なのは、飛行機の機長のアナウンスです。なんといっても実際によく聞きますもんね。それに実際に聞くときは、何か不調があるのではないかとものすごく真剣に聞くじゃないですか。おかげで、なじみの単語にフレーズ、そしてトラブルの種類、とても問題がわかりやすいです。今回は、滑走路に前の飛行機が詰まっていて離陸が遅れるから、それまでは客室乗務員の配る水でも飲んでリラックスしていてくれ、という内容でした。(ビジネス・クラス用のアナウンスでしょうか!)

リーディングは途中、練習でやったときよりも若干時間がかかっているような気がしたので、どんどんやっていったら、やっぱり15分ほど時間があまることに。昔もそうだったか覚えていないのですけど、問題冊子には何も書いてはいけないので、自信のない問題に印をつけることもできないんですよね。解答欄に印つけてもいいけれど、万一時間ぎりぎりで終わって、印を消せなかったらと思うと怖くてできません。そのためせっかく時間が余っても、見直しが効率的にできないのが困りものです。ケアレスミスが多そうだなあ。
全体的に、ドリルの製品仕様や、会議のスケジュールなど、実生活では時間を取ってゆっくり読むでしょ!、時間制限つけて読むことに意味があるの?という問題が多いです。娘たちもこんな問題をやっているのね、と少し同情しました。ただ、娘は「いつも途中で眠くてたまらなくなる」と言うんですけど、私は全く眠くなんてなりませんでした。待ち時間は長すぎて退屈でしたが、テストが始まったら2時間があっという間。娘はやっぱり気合と集中力がなさすぎなんじゃないの?!と思ってしまいました。

さて私の得点はどれくらいになるのか・・・。860点前後だったら今回の点を履歴書に書くつもりですが、700点台とかだったら平成一桁時代の得点をキープしようかな。

お弁当ライフ
2013年04月15日 (月) | 編集 |
娘のお弁当がスタートしてから一週間が経ちました。やっぱり大変~。

私が職場にサーモスの保温弁当を持っていって暖かいご飯とスープを食べているからか、娘がチョイスしたのもサーモスのTHERMOS 保温弁当箱 ELLEgirlというランチボックス。
lunchbox.jpg
娘のは、ご飯だけ保温できるものですが、なんとお昼でも湯気が出るほど熱々なんだそうです。クラスメイトにも自慢しているらしい・・・。それはまあ良かったのですが、やはりおかずボックスを埋めるのが大変です。前日の夜までにほとんど全部準備するため、朝は思ったより楽ですけど、週末や仕事のない日にまとめて作るとなんだか一日中料理しているような気がします。頭も使いますよねぇ、このおかずは水曜日まで使いまわして、こっちはとりあえず冷凍して、とか。

アメリカでお弁当を作っていたときに比べると、子供たちの送迎がない分ずいぶん気分的には楽かな? あのときは、お弁当を仕上げたらダッシュで自分も身支度して、子供たちを二人とも車に押し込んで家を出なくてはいけなかったから本当に慌しかったです。あっ、でも今は自分が仕事に行く日は、7時半には洗濯を干し終わり、お弁当も完成しています。のんびりまったりな自分にしては驚異的なスケジュール。でもふと思いましたが、フルタイムで都心に1時間半かけて通っているような人はいったいどんなお弁当ライフを過ごしているのでしょう?! 想像するだけで眩暈がします。

大体、日本のお弁当って懲りすぎなんですよね。アメリカ人みたいにジップロックにピーナツバター&ジェリー・サンドイッチを詰めただけでいいなら、子供にも3分でできるし、楽々なのに。ちなみにピーナツバター&ジェリー・サンドイッチとは食パンにピーナツパターとジャムを塗ってサンドしただけのものです。耳も落とさず、切り分けもせず、2枚重ねの食パンのままジップロックに入れるだけ。アメリカン・フードのエッセンスのような食べ物です。自分としては、見た目も悪いし、味もかなりまずいと思います(笑)。甘ったるいような、ものすごく微妙な味。アメリカの食事ならなんでも好きな息子ですら、このPeanut Butter & Jelly Sandwichはあまり好きではないです。でもアメリカでは超定番な子供向けサンドイッチで、作るのがスーパー・イージーなのは確か。味と手間はなかなか両立しないものですね。

ところで娘の学校では、お弁当はどこで食べても良いらしく、みんな思い思いの教室で好きな友達と食べているらしい。食後はもちろんお友達が持ってきたお菓子を分け合って和気藹々と。楽しそうでいいですけど、週に6日間お弁当作りの親は大変。今日もおかずを2品ほど作りおきをしておかなくては・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。