2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New York Timesのデジタル版
2012年05月28日 (月) | 編集 |
最近子どもたちの読んだ本の報告がありませんが、それも当然で、彼らがちっとも進んでいないから・・・。息子は分厚いMysterious Benedict Societyとまだまだ格闘中で、今のところ3分の1を読了したところ。6月中になんとか読み終えることができるのか怪しいです。娘のほうはいちおうHootという本に取り組んでいるはずですが、進捗状況は不明です・・・。

HootHoot
(2005/12/27)
Carl Hiaasen

商品詳細を見る


娘いわく「動物がいっぱい出てきて大変! はっきり言ってHolesのほうが面白かった。」とのこと。
仕方ないので、子どもたちではなく私が最近読んだ洋書などを・・・。

少し前に読んだのはこちら:
To Kill a MockingbirdTo Kill a Mockingbird
(2012/01/01)
Harper Lee

商品詳細を見る


ハーパー・リーのアメリカ文学史の名作とされる本です。名作ものは大体昔日本語で読んでしまっているのですが、これだけは読んでいなくて、最初にアメリカに行ったときに買い、その後本棚に放りっぱなしになっていたのを頑張って読んでみました。
結構難しかったですねぇ。文法的には特に難しくないし、会話分はまったく難しくありませんが、ボキャブラリーが難しい。例えば「叫ぶ」だったら、cryでもscreamでもなく聞いたこともない未知の単語が使われているような、そんな感じです。文学作品を味わうのには、作者がどうしてその単語をチョイスしたのかも含めて、全部のニュアンスを感じなければいけないのに、力不足でそれができないから作品としてちゃんと読めないもどかしさがあります。ストーリー・ラインは追えますし、黒人の裁判のシーンはさすがに迫力がありましが、文学を読むのには自分の英語力では充分ではないな、と思いました。

この前読み終わったのも、最初にアメリカに行ったときに買ったものと思われ、家の本棚にあった本。
Simisola (Inspector Wexford)Simisola (Inspector Wexford)
(1995/05/04)
Ruth Rendell

商品詳細を見る


イギリスのミステリー作家ルース・レンデルの本です。文学じゃなくてストーリーさえ追えばいいミステリーなので、こちらは楽勝。レンデルの本も読み慣れていますし。レンデルの中では別に秀逸とも言えない平凡な作品です。でもアメリカのミステリー作家の大雑把な英語とは違い、わりと洗練された英語で、読んでいて心地よい文章です。最新作も出ているようなので、Amazonで買ってまた読んでみよう。

ところで最近、New York Timesのデジタル版、一月に15ドルを購読しようか、どうしようかなあと迷っています。これも子供用というより自分のためですが・・・。特別英語を勉強する必要もない自分なのに毎月15ドルは贅沢かな?という気もするし。以前は無料でひと月に20個の記事が読めたんですよね、それが最近ひと月に10個に減ってしまいました。ひと月に20記事が読めればまあちょうど良かったんですけれど、10だけとなるとさすがに少ないです。15ドルは1500円ではなく1100円ぐらいだと思うと結構安いような気もして、さてどうしたものか。
スポンサーサイト
金環日食は楽しかったけれど・・・
2012年05月24日 (木) | 編集 |
金環日食、息子の小学校は30分登校を繰り上げて、全員で校庭で観察とのお達し(4月半ばに決定済み)。娘は特に何もありませんでしたが、いつも家を出るのが7時50分なため普通に家で見れる予定でした。
当日の朝、どうせ曇りだろうと起きてみたら、薄日が差していて、「うわあ、見れるかも!」と子供の頃の遠足のようにワクワクした私。その後空は曇りがちになってきたのでやきもきしましたが、日食が始まった7時過ぎには雲が切れて太陽が見えてきました。「ちょっと日食めがねは?」と家に一つしかないめがねをみんなで奪い合って「本当だ、欠けてる!」と大騒ぎ。そんな中息子は登校していきました。その後、私と夫でたびたび庭に出ては、日食めがねを目に押し当てて観察。なんだか子どもたちより親のほうがずっと盛り上がっている感じです。でも両隣の家はしんとしていて誰も外に出ていません。金環の瞬間は、ようやく娘も外に出てきてめがねで眺めました。私と夫は「繋がった!」「本当に金の指輪みたい!」と興奮気味なのに、娘は「ちょっとちっちゃくない??」 感動がなくて困りますねぇ。中3がみんなこういうわけではなく、娘の仲の良いお友達は、朝の6時半にはきちんと制服を着て、近くの公園の池の傍に立っていたそうです・・・。「一緒に見よう」と電話を掛けてきてくれたのに、娘は「ごめん、まだ寝ているから無理」って。

さて家の前で金環を確認してから、角を曲がってすぐの空き地に行ってみたら、そこにはたくさん近所の人たちがいて、みんな空を見上げていました。金環日食となっている間、お日様は照っているのに薄いベレーがかかったようにあたりがかすかにほの暗くなっているのは不思議な感じ。
早朝から近所の何人もの人たちと一緒に空を見上げるのも不思議だけれど、楽しい経験でした。

しかし! 夫の「あっ、肉眼で見ても月が太陽の真ん中に来ているのが見えるよ!」という言葉に「えっ?」と思わず一瞬じかに太陽を見てしまった私、その後二日間というもの、両目がピリピリと痛くて大変でした~。やっぱり太陽の光は強烈なんですねぇ! (でも夫の目は何ともなかったらしい・・・なんで?!)
家事能力
2012年05月20日 (日) | 編集 |
私の家事能力の話ではなく、娘のことです。お勉強は絶望的な娘(つい先日実力テストが返ってきて、英語と数学で200番以上順位が違います。どうするのぉ~??泣)。でも家事能力にはちょっと驚かされます。

このまえ例によってお小遣い稼ぎのために、娘が始めて全品夕食を作ることになったんです。献立は、帆立貝とアスパラガスのマリネサラダ風ソテー、じゃがいもの煮物、大根と人参のお味噌汁を4人分。メニューは別に特別に料理が難しいものはありません。でもお米を研ぐことから始めて、料理完成、盛り付け、使った料理道具の片付けまでを50分間で余裕でこなしたのには、ちょっとびっくりしました。初めての料理にしてはかなり手早い! 私も学生時代には手伝いでときどき料理はしていましたが、結婚して初めて夫と自分の2人分を作ったときには結構ばたばたして、1時間以上かかったような気がするなあ。

そして娘は気が向いたときにしかやりませんが、掃除も好きでかつ得意です。徹底的にやってくれるので、ピカピカになります。娘の部屋は一ヶ月に一度徹底的に掃除され、輝くばかりに綺麗に整理整頓され、その後25日間何にもしないので、どんどん床やベッドや机に服、本、雑誌などが積み重なります。限界に達すると、また徹底的に掃除され・・・以降その繰り返し。

分類好き、ファイル好きでもあるので、本棚の本は出版社ごとに整然と並べられています。机の引き出しを開けると、文具やレターセットなどが美しくしまわれています。学校でもらったプリント類も色とりどりのファイルにきちんと整理されます。今まで私が何か言ったことは一度もありませんが、テスト類やプリント類は1年間ごとにまとめて、年度末に別のボックスに移動、次の年に捨てているようです。ちなみにPC内の自分のドキュメントのファイルの整理も徹底されていて、いらないものはどんどんごみ箱へ。お気に入りも写真ファイルも、いつも整理され必要なものだけが残っているのが自慢のようです。「ママのファイル、よくそんなにごちゃごちゃしていて平気だねえ。代わりに整理してあげようか?」とよく言われますが、余計なお世話よ!という感じです。

それなのに、きちんと整理されたプリントの中身は全然理解できていないし、整然と並べられた本も1回しか読んでいないか、中には全く読んでいない本も。 私なんかは、本は並べられるためでなく、読まれるためにあるんだ!と思うのですが、世の中にはいろいろな人がいるものです。って、それが自分の娘であるところが、なんとも・・・。

あと娘は、お裁縫なども得意です。2年生の家庭科で作ったサブバッグはとても可愛くかつ丈夫にできていて、私が子供たちの学校に行くときのスリッパ入れとして大活躍しています。
最近は草取りにも目覚め、「結構草取りって楽しいよね。今日もやるから。」と庭に出て黙々と作業している娘。お金が出るとはいえ・・・、我が子ながら変わっているなあ(しみじみ)。  
今年のMother's Day
2012年05月17日 (木) | 編集 |
アメリカでは母の日は日本では考えられないくらい盛大です。最初にそれを思い知らされたのは、7年前、ゴールデン・ウィークを利用して借りる家を探しにアメリカに行ったとき。たまたまその日は日曜日で、夫の会社の人とお昼にレストランに入ろうとしたらどこも満員だったんです。えっ、なんでこんなに混んでいるの?!と驚いてお店の人に聞いたら、「今日は母の日だからどのお店も混んでいるよ」って。なるほど~、日ごろの母の苦労をねぎらって外食なんですねぇ。

その後の4年間、もちろん息子からは可愛い母の日プレゼントをたくさんもらいました。学校を挙げて、ものすごく準備をしますからね。定番の鉢植え、小さなクッション、写真立てなどなど。娘からは何ももらった記憶はないけど・・・。

日本に帰ってきたら、学校であんまりプレッシャーをかけないのでしょう、やっぱりトーンダウンしたかな。それでも去年は珍しく娘からLushのソープ(たぶん自分も使いたかった)、息子からはPCクリーナーをもらいました。
今年はといいますと、息子は朝ごはんを作ってくれて(トーストとチーズオムレツ、紅茶)、auのくじ引きで当てたメモ帳とペンをくれました(笑)。お金がなくて何も買えなかったらしい。夕食はドイツ料理店で。ここに行くのは7年ぶりです。確かアメリカに出発する直前に義母も呼んで食事をしたことを懐かしく思い出しました。ヴァイス・ビールにデザートまでしっかりいただき、4人ともお腹いっぱいになりました。帰宅後、息子がマッサージをしてくれて、母の日は終了となりました。母としては満足な楽しい1日でした。でも娘からは何もなかったような・・・。必死で庭の草取りをして、お風呂掃除もしていたけれど、しっかりお金を請求されたし。
今年のTOEIC
2012年05月14日 (月) | 編集 |
やっぱり昼間仕事に出るとなかなかこのブログも更新できません。夜書いているほうのブログはなんとか大丈夫なんですけれどね。まあこっちはほとんど読んでいる人もいないのでのんびり書いていこうと思います。

少し前のことですが、娘が中二の最後、今年の3月に受けたTOEICが返ってきました。去年は815点でしたけれど、今年はきっかり900点。点の高低はともかく、去年よりアップしているのはいいことですね。内訳は、リスニングが495点中485点。リーディングは495点中415点。リスニングはほぼ大体正答しているようです。リーディングは去年よりは大幅にアップしたとはいえまだまだ改善の余地がありそう。逆に言えばTOEICの点がもっと伸びる余地があるということかも。

娘と同じクラスの帰国生で最高点は960点。半年ほど前にアメリカから帰ってきた女の子です。娘の話によると、女子はほとんど全員が900点以上なのに男子で850点以上はいないのだとか。男子の中にも最近帰国したばかりの子が何人かいるはずなのですが、こんなに男女で点差があるなんて不思議です。

私は見ていませんが、中3以上と帰国生は全員TOEICを受けるため、成績上位者は名前と点が貼り出されているそうです。それを見た人によると、学内最高点は990点だとか。えっ、でも手元にある得点表を見るとTOEICの満点は990点ですから、その生徒は満点だったということ?! もちろん可能ですけれどすごいなあ。

ところで、娘の英語の実力をよく知っている私からすると、娘が900点って、うーん、TOEICもあんまり当てにならないなあと思ってしまいます(苦笑)。だって英字新聞は全然読めないし、Twilightさえ読了できないし、英語でディスカッションができるわけでもないし・・・。TOEICが測っている英語力って一体何なのだろう?と疑問です。もしや英検のほうが英語の力を正確に反映していたりして?! 6月の英検はちょうど学校の文化祭にぶつかるので娘は受けられないのですけれど、問題集をやらせた感じだと準一級は難しそうなんですよね・・・。そういえば、娘の学年でTOEIC最高点の女の子も学内の英語のテストはとても点が悪いんだそうです。やっぱり問題は国語力? 日本人なのだから国語力があってこその英語力だろうと思いつつ、ほぼ英語ネイティブの子が良い点を取れない英語のテストというのもどうなんだろう?とちょっぴり変な感じもします。
初出勤♪
2012年05月03日 (木) | 編集 |
連休の間の5月1日、2日が初出勤日でした。在宅での仕事と父の事務所の仕事を除くとなんと17年ぶりの出勤(汗)。緊張しました! それまでにネットでさんざ「昔とオフィス環境が違いすぎて、何をやっても慣れない」という話を読んでいたので、恐怖に押しつぶされそうになっていたり(苦笑)。でも、結果的にはオフィス環境のほうは大丈夫でした。よく考えてみれば、新卒で就職した会社は大きなコンピューター・メーカー。20年前で(!)既に社員1人に1台ずつのPCとプリンター、綺麗な色のパーティションで区切られたデスク、全員に社内メール・アドレスという環境だったんですよね。だから、今度のオフィスは、以前働いていたオフィスに比べるとかなりぼろいとさえ思われました。ただ一番違うのは、前の会社では社内PCは外部には通じていなかったけれど、今は普通にインターネットが繋がっているんですね。新鮮な感じです(笑)。

お仕事のほうは、まだ結構ヒマでよくわかりません。ただPC作業はわりとありますね。例えば、一つのjpegファイルに入っている写真をばらばらに切り取って、ワードに貼り付けて、添付メールで送るような作業。ブログを書いていると写真の処理は頻繁にするので、ブログ書いていて良かったなとちょっと思いました。
一つ思ったのは、自分の周りでは携帯は毎日使いこなしていても、PCに触ったことがない人が結構いるんです。(この前、近所の方にデジカメのファイルをPCに移すやり方を聞かれ、替わりにやってあげました。)でも、オフィスでこれほど普通にPCが使われているところを見ると、もしかして世の中、PC作業を日常的にする人としない人と真っ二つに分かれているのだろうか・・・?  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。