2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お弁当ライフ
2013年04月15日 (月) | 編集 |
娘のお弁当がスタートしてから一週間が経ちました。やっぱり大変~。

私が職場にサーモスの保温弁当を持っていって暖かいご飯とスープを食べているからか、娘がチョイスしたのもサーモスのTHERMOS 保温弁当箱 ELLEgirlというランチボックス。
lunchbox.jpg
娘のは、ご飯だけ保温できるものですが、なんとお昼でも湯気が出るほど熱々なんだそうです。クラスメイトにも自慢しているらしい・・・。それはまあ良かったのですが、やはりおかずボックスを埋めるのが大変です。前日の夜までにほとんど全部準備するため、朝は思ったより楽ですけど、週末や仕事のない日にまとめて作るとなんだか一日中料理しているような気がします。頭も使いますよねぇ、このおかずは水曜日まで使いまわして、こっちはとりあえず冷凍して、とか。

アメリカでお弁当を作っていたときに比べると、子供たちの送迎がない分ずいぶん気分的には楽かな? あのときは、お弁当を仕上げたらダッシュで自分も身支度して、子供たちを二人とも車に押し込んで家を出なくてはいけなかったから本当に慌しかったです。あっ、でも今は自分が仕事に行く日は、7時半には洗濯を干し終わり、お弁当も完成しています。のんびりまったりな自分にしては驚異的なスケジュール。でもふと思いましたが、フルタイムで都心に1時間半かけて通っているような人はいったいどんなお弁当ライフを過ごしているのでしょう?! 想像するだけで眩暈がします。

大体、日本のお弁当って懲りすぎなんですよね。アメリカ人みたいにジップロックにピーナツバター&ジェリー・サンドイッチを詰めただけでいいなら、子供にも3分でできるし、楽々なのに。ちなみにピーナツバター&ジェリー・サンドイッチとは食パンにピーナツパターとジャムを塗ってサンドしただけのものです。耳も落とさず、切り分けもせず、2枚重ねの食パンのままジップロックに入れるだけ。アメリカン・フードのエッセンスのような食べ物です。自分としては、見た目も悪いし、味もかなりまずいと思います(笑)。甘ったるいような、ものすごく微妙な味。アメリカの食事ならなんでも好きな息子ですら、このPeanut Butter & Jelly Sandwichはあまり好きではないです。でもアメリカでは超定番な子供向けサンドイッチで、作るのがスーパー・イージーなのは確か。味と手間はなかなか両立しないものですね。

ところで娘の学校では、お弁当はどこで食べても良いらしく、みんな思い思いの教室で好きな友達と食べているらしい。食後はもちろんお友達が持ってきたお菓子を分け合って和気藹々と。楽しそうでいいですけど、週に6日間お弁当作りの親は大変。今日もおかずを2品ほど作りおきをしておかなくては・・・。

スポンサーサイト
Z会、ちょっと苦戦・・・
2013年04月10日 (水) | 編集 |
Z会、少し甘く見ていました・・・。受験コースでもなんでもないのに、息子には算数は結構難しいようです。まあ、ふと見れば所要時間は一回40分と書いてありました。本人は、15分程度のつもりで軽くやろうとして、撃沈しています。そもそも40分も一つの教材に向かう習慣が全くついていないので、途中でイライラ。放り投げそうになるのを、「こら、ちゃんと真面目にやりなさい!」と叫ぶ羽目になり、親子バトル気味です。先が思いやられるなあ。
理科のほうは、問題なくそれこそ15分ぐらいでこなせている様子なのですが。
それにしても、首都圏などで中学受験する子供たちは小学5年生から塾で一日4時間とか勉強しているわけですよね? ほとんど外国の話のように思えてしまいますが、現実には息子は大学受験ではそういう子たちと競わなくてはいけないわけで。うっ、今から差がつきすぎです。ますます先が思いやられます。

そんな息子がようやく春休みに読み終わった本は:
This Isn't What It Looks Like (The Secret Series)This Isn't What It Looks Like (The Secret Series)
(2012/01/01)
Pseudonymous Bosch

商品詳細を見る

自分のブログを見ると2月3日に「この本を読み始めた」とあるので、一ヵ月半以上かかって読んだことになります。最近ちょっと読書スピードが遅いような。

今週から読み始めたのは、間髪を入れずに続編の:
You Have to Stop This (The Secret Series)You Have to Stop This (The Secret Series)
(2012/10/02)
Pseudonymous Bosch

商品詳細を見る

今見たら、全部で347ページ中もう128ページまで読んだようです。こちらのほうが相当面白いのでしょうか?! いや、たぶん学期中だと土曜日と日曜日しか(それも遊んでしまってときにはどちらかだけのことも)英語読書をしないのに、春休みはいちおう毎日読ませたので、それで進んだのでしょう。理想的には学期中も毎日読むと力がつくと思うのですが、なかなか言うことを聞いてくれません。

日本語の本はというと、「星のカービィ プププ大全」などという訳の分からない本を欲しがるので、これを読んだらね!と強制的に読ませた本:
十五少年漂流記 (講談社青い鳥文庫)十五少年漂流記 (講談社青い鳥文庫)
(1990/06/10)
ジュール ベルヌ

商品詳細を見る


雨やどりはすべり台の下で (偕成社文庫)雨やどりはすべり台の下で (偕成社文庫)
(1990/04)
岡田 淳

商品詳細を見る


「十五少年漂流記」は自分が子供の頃に読んでとても面白かったので、ぜひ!と娘に勧めた本をそのまま息子にも。私が勧めた本で唯一といっていいくらい娘も気に入ったらしいのですが、息子はそれほどでもなかったかも。ベルヌの作品はどれもワクワクして大好きだったけどなあ。

とりあえず義務を果たして息子が手に入れた謎の本:
星のカービィ プププ大全: 20th Anniversary (ワンダーライフスペシャル)星のカービィ プププ大全: 20th Anniversary (ワンダーライフスペシャル)
(2012/08/03)
不明

商品詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。