2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国4年後の英語の発音
2013年05月29日 (水) | 編集 |
アメリカから帰国時、娘の英語はなんとバリバリの韓国訛りでした。渡米1年目のESLクラスの担任の先生が韓国人だったため、すっかりその訛りがうつってしまって・・・。アメリカに4年いた子供が韓国訛りの英語って相当妙ですよね。ESL2年目の先生はフィリピン人。こちらの先生はフィリピン訛りでしたが、この先生の訛りはうつりませんでした。やっぱり1年目の影響が大きかったのでしょうか。3年目からレギュラー・クラスに行き、ようやく普通のアメリカ英語のアメリカ人の先生になりましたが、時すでに遅し。韓国訛りというのは具体的には、イントネーションが韓国語風、そしてthousandなどthの発音がtになり、タウザンドと発音してしまうなどです。

そして日本に帰ってきて4年。娘の発音から韓国語訛りはだいぶ抜けました! たぶんこれは英語の授業のほとんどを受け持つニュージーランド人の先生のおかげだと思います。この先生はとても折り目正しい爽やかな英語を話す方です。ちょうどアメリカ英語とイギリス英語の中間のような印象です。まあ、この先生の英語を聞いていたから娘の英語がましになったのか、正確なことはわかりませんが、ずいぶん普通の発音になったことは確かです。クラスメートが全員イギリスまたはアメリカ帰りで、特に親しい友達がテキサス州に12年住んでいた、などもあるのかもしれません。(密かにテキサス訛りがうつっていたりして)いずれにしろ、12歳からでも英語の発音は矯正できるんだなあ~と思いました。韓国語訛りが悪いわけではないけれど、日本人が韓国風発音の英語を話すのはやっぱり不思議な感じでしたから。

一方息子のほうは、プレスクール2年間、キンダー1年間、小学1年生1年間の計4年間をカリフォルニア・ネイティブなアメリカ人の先生方に受け持ってもらったため、完全に標準的なアメリカ英語をマスターしていました。車の後部座席で喋っているのを聞くと、後ろにアメリカ人が乗っている?!と思ったほど。
でもこの子も帰国して4年。あれほどクリアーで鮮明だった発音がずいぶん曖昧になってきたような気がします。たぶん、英語は日本語よりもずっと舌や口を大きく動かして発音する言葉だと思うんですよね。日本語を話し慣れると、口の動かし方が緩くなるというか、面倒になるというか、lazyになる感じで、あまり口を動かさない話し方になってしまうようです。そうすると英語をはっきりと発音できない・・・。個々の音を意識して発音させるときちんと発音できるので、なるべく意識的に発音するように言っています。対策も兼ねて最近始めたのは、英語の本の音読。フォニックスを意識しながらしっかり発音させると舌も滑らかに動くようです。面白いのは、音読を始めて最初のうちは少しぎこちないのに、2ページぐらい読むとリズム感が出てきて、すらすら良い発音で読めること。やはり口の動きの慣れを取り戻すのが肝心みたいです。息子はもうすぐ11歳。たぶん12歳になれば、英語を忘れることもなくなりそうなので、もうひと頑張りといったところです。




スポンサーサイト
20年ぶりのTOEIC受験!
2013年05月27日 (月) | 編集 |
とても久しぶりになってしまいました。4月から無茶苦茶忙しくて、6月29日まで毎週末予定が入っています。でも特に大変だったのは先週末。土曜日は小学校の奉仕作業で、日曜日はなんと第180回TOEIC受験(私が)!!

パートの就職活動に近い将来必要になるかなあ~と思って。いちおうTOEICは860点という点は持っています。この点は素晴らしいというほどではありませんが、まあまあな得点。ただ20年も前の得点なんですよねぇ。履歴書に平成一桁年代でTOEICの点を書くのもどうなんだろう、と。そういうわけで、最近は簡単にネットで申し込みもできますし、思い切って受験してきました。

受験前は、一応「直前の技術」とかいうテクニック本と、公式問題集Vol.5というもので2週間ほど勉強しました。昔はこんなものなくてぶっつけ本番でしたが、今はリスニングもCDで練習できるし、すごいですね~。テクニック本には、リスニングは問題を先に読めとか、長文も全部は読まず問題をやりながら読め、などいろいろ小手先テクニックが書いてありました。でも本番そっくりな問題集をやってみたところ、結局はリスニングはリスニングに集中、長文は全部読むのが私には一番いいようでした。長文を全部読んでも時間は15分ほどあまるから、もう少し丁寧にやったほうがいいんだろうなあ、というのが試験前の感触。

さて、試験当日。試験会場は国際会議場! 駐車場は付設の45台しかないところにはきっと停められないだろうと覚悟して行ったら、ガラ空き。見回すと、20代前半ぐらいの人たちばかりでみんな自転車、または親の送迎のようでした(笑)。なんといっても国際会議場ですから、ものすごく綺麗で快適。冷房が効きすぎて寒いくらい。20年前はどこかの大学の教室で受けたような記憶がありますが。
そして指定のお部屋。ざっと見渡したところ、私が最高齢だったかも。今は携帯電話の電源チェックがあるんですねぇ。これは絶対に昔はなかった。
マークシートを塗るのも、何年ぶりでしょう?! TOEFLとGREを受けたのが最後だと思うから18年ぶりくらいかもしれません。自分の名前や生年月日を塗る欄がとても小さくて見えにくくて、うわっ、老眼来ているな~と焦りました。幸い裏の解答欄のマーク欄はわりと大きくて大丈夫だったんですが(ほっ)。でもこれもあと5年くらいしたら怪しいですね。

さて肝心の試験そのものですが、まあ、普通の出来だったかな? リスニングは、写真を見て答える、会話の答えを選択する、会話を聞いて内容を答える、アナウンスを聞いて内容を答えるの4種類があります。(昔からこうでしたっけ? 全く記憶ないです。) 
私が一番得意なのは会話の答えを選択するPart2ですが、ちょっと引っ掛け問題もあったような気がします。でもこれは、アメリカに在住していた人には楽な問題だと思います。反射的に答えを選択できる感じ。
会話やアナウンスなど長文を聞いてから、質問に答えるPart3、Part4は、記憶力が薄れつつある中年には厳しいものがありますが、まあなんとかなったかなあ~(はっきりわからない)。そのアナウンス問題で私が一番得意なのは、飛行機の機長のアナウンスです。なんといっても実際によく聞きますもんね。それに実際に聞くときは、何か不調があるのではないかとものすごく真剣に聞くじゃないですか。おかげで、なじみの単語にフレーズ、そしてトラブルの種類、とても問題がわかりやすいです。今回は、滑走路に前の飛行機が詰まっていて離陸が遅れるから、それまでは客室乗務員の配る水でも飲んでリラックスしていてくれ、という内容でした。(ビジネス・クラス用のアナウンスでしょうか!)

リーディングは途中、練習でやったときよりも若干時間がかかっているような気がしたので、どんどんやっていったら、やっぱり15分ほど時間があまることに。昔もそうだったか覚えていないのですけど、問題冊子には何も書いてはいけないので、自信のない問題に印をつけることもできないんですよね。解答欄に印つけてもいいけれど、万一時間ぎりぎりで終わって、印を消せなかったらと思うと怖くてできません。そのためせっかく時間が余っても、見直しが効率的にできないのが困りものです。ケアレスミスが多そうだなあ。
全体的に、ドリルの製品仕様や、会議のスケジュールなど、実生活では時間を取ってゆっくり読むでしょ!、時間制限つけて読むことに意味があるの?という問題が多いです。娘たちもこんな問題をやっているのね、と少し同情しました。ただ、娘は「いつも途中で眠くてたまらなくなる」と言うんですけど、私は全く眠くなんてなりませんでした。待ち時間は長すぎて退屈でしたが、テストが始まったら2時間があっという間。娘はやっぱり気合と集中力がなさすぎなんじゃないの?!と思ってしまいました。

さて私の得点はどれくらいになるのか・・・。860点前後だったら今回の点を履歴書に書くつもりですが、700点台とかだったら平成一桁時代の得点をキープしようかな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。