2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の最近の読書
2013年06月17日 (月) | 編集 |
先日バスルームにこんな本が落ちていたのでびっくり。

ぼくらのデスマッチ (「ぼくら」シリーズ)ぼくらのデスマッチ (「ぼくら」シリーズ)
(2007/03)
宗田 理

商品詳細を見る


小学校の図書室の本ですが、ぱらぱらめくると結構難しそうだし、殺人がなんとかと書いてあるし・・・。息子に「あれ、あなたが借りてきたの? ちょっと難しいんじゃない??」と言ったら、「もう全部読んじゃったよ。」 えーっ。 ついこの前まで「ぞろり」を読んでいた息子が?! というか、もう一冊借りている本は、ばりばり低学年用の「なんじゃひたな丸シリーズ」だし(汗)。
すると娘が横から、「それって、『僕らの7日間戦争』の人が書いた本でしょ? この人の本、面白いよね。」 ああ、そうなんですね。確かに娘もはまって読んでいました。そう言われてみれば小5ぐらいのときだったかも。

というわけで息子は早速娘の部屋の本棚からこちらの本を拝借し、読了していました。
ぼくらの七日間戦争 (「ぼくら」シリーズ)ぼくらの七日間戦争 (「ぼくら」シリーズ)
(2007/01)
宗田 理

商品詳細を見る


このシリーズは何冊もあるので、しばらく読む本には困らなさそうです。ただ、私は読んだことがないのですけれど、あらすじを読むとレイプが何とかと書いてあって、うーん、小学生高学年に適した本なのでしょうか。娘の本棚から私が拝借して読んでみるしかないか・・・。

英語の本では「あまり面白くはないんだけど~」と言いつつ、A Series of Unfortunate Eventsを読み進めています。
読み終えたのは2冊:
A Series of Unfortunate Events #1: The Bad Beginning: Or, Orphans!A Series of Unfortunate Events #1: The Bad Beginning: Or, Orphans!
(2007/05/08)
Lemony Snicket

商品詳細を見る


A Series of Unfortunate Events #2: The Reptile Room: Or, Murder!A Series of Unfortunate Events #2: The Reptile Room: Or, Murder!
(2007/05/08)
Lemony Snicket

商品詳細を見る


薄いし、それほど難しくはないので、どんどんとは進むようです。
3冊目を注文しました:
A Series of Unfortunate Events #3: The Wide Window: Or, Disappearance!A Series of Unfortunate Events #3: The Wide Window: Or, Disappearance!
(2007/09/04)
Lemony Snicket

商品詳細を見る


これも何冊も続くシリーズなので、先は困らなさそう。このシリーズを読破したらハリー・ポッターか、パーシー・ジャクソンかな。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。