2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい加減で適当な息子・・・
2013年06月27日 (木) | 編集 |
今日はカリフォルニアみたいに良く晴れた気持ちのいい一日でしたね! カリフォルニアだったら、こんなお天気が5月から10月まで毎日毎日続くんだけれどなあ。こういうお天気のいい日に、私はよく夫と娘に「見て。空がカリフォルニアみたいに青いよ!」と言います。でも、二人とも必ず、「いやいや、全然色が薄いでしょ。カリフォルニアの空はもっとずっと濃い青だったよ。」と答えます。まあね~。湿気がないせいか、カリフォルニアの空は本当に深くて濃い青なんですよね。日本の空はもやっとしていて薄い青色。でも、二人してそんなに毎回全力で否定しなくてもいいのに(ぶつぶつ)。

さて、息子が音読に読んでいる本です:
The Janitor\'s BoyThe Janitor\'s Boy
(2001/09/01)
Andrew Clements

商品詳細を見る


レベル的には難しくなく、8~9歳用ぐらい。内容は面白いです。作者はAndrew Clements。この人の本を娘は大好きでした。アメリカの小学校を舞台にした内容が多く、とっつきやすいと思います。ただ、息子のほうはこういう現実的な本よりも冒険物のほうが好みの様子。

英語に関してはまあまあ頑張っている息子、でも最近はいろいろ問題なことが増えています。一番困るのは、適当な生活態度です! 

息子のクラスにはたくさんの決まりごとがあります。例えば、自宅学習計画表。毎週、計算ドリル、漢字ドリル、音読、自由学習をやる曜日を決めて、それぞれのページや内容を書き込まなければいけません。目標のページも書き込み、終わったら終わったページ数に赤丸をつけます。息子はかろうじて漢字ドリル、計算ドリルのページは書き込むものの、音読や自由学習についてはスルー、赤丸もつけず、それどころかこの計画表をたびたび教室の机に置き忘れ、私が一週間の終わりに確認印を押せないこともしばしば。週に2日は自由学習をしなければいけないのに、一週間に4回やり、後の2週間は何もせずに先生に注意を受けたり(私は毎週2日やらなくてはいけないことをついこの前知りました・・・)。

また、漢字ドリルのノートへのやり方も細かい決まりがあります。日付の書き方、読み仮名の付け方、何回繰り返し練習するか、などなど。これも息子は全然守らず、読み仮名もまったくつけずに、毎回先生に赤字で注意される始末。最低限、ドリルの締め切りは間に合わせ、月例テストで合格点の90点以上を取っているので、本人は細かいことはどうでもいいと思っている様子で、気をつけようという意識がゼロです。でも、日本の社会では、こういう細かいことこそ重要視されるわけですし、そもそも大して難しいことでもないので、どうしてこれくらいできないのだろう?と不思議でなりません。7月にある先生との個人面談が今から怖いです。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。