2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿題が出ない学校
2013年07月01日 (月) | 編集 |
他の方のブログをいろいろ読むと、私立中高一貫校ではたくさんの宿題が出ているようです。夜中まで終わらないとか、中学1年の6月なのに英単語を200個覚えるとか。読んでいるこちらのほうが頭がクラクラしてきます。

それなのに、うちの娘の学校では全然宿題が出ません。確かに田舎の学校ですし、偏差値的には高くない一貫校です。だからといって、こんなことでいいのか、親のほうはものすごく心配になります。宿題が出ないとなると、子供は試験直前以外は全く勉強しないわけで、誇張でもなんでもなく、中学3年間の娘の試験前以外の勉強時間はほぼゼロです。塾も一度も通ったことがないので、本当に純粋に限りなく学習時間がゼロ。当然ながら、数学は完全に落ちこぼれていますし、物理も全く駄目。英語ももちろん勉強していないし、現代文も平均点がやっと。宿題が山ほど出ている学校の生徒に比べて、これまで3年間の学習量の差は恐るべきものになっているはずです。学校側は宿題を出さなくても、生徒が自主的に勉強することを望んでいるのかもしれません・・・実際、生徒の学力的にとても幅がある学校なので、上位の子たちはとても優秀で進学実績もいいんですよね。学校側の指導のフォーカスはその生徒たちに当たっていて、娘のレベルの学力には全然的外れなんだと思います。

とすると、やはり塾などに入れて、強制的に勉強させたほうがいいのかも。ただいつもここで現実的な私は立ち止まってしまいます。数学はどう見ても、塾に行かせても向上が見込めなさそうで、お金の無駄っぽい。英語は、下手に帰国子女だったりすると、一体どんなクラスに入れたらいいのか・・・。そして現代文って、塾で教えてもらうもの?? 結局勉強なんて、自分でするもの。今、自宅で勉強できないのに塾で勉強ができるのかなあと疑問に思えてきて、そのままになってしまうわけです。一番手っ取り早いのは学校ががんがん宿題を出してくれて、強制的に自宅で勉強しなければならない羽目になることですが・・・。まあ、勉強したくない子は大学に行っても仕方ないと思うので、さっさと働くべきでしょうね。(と娘にも日頃から言っています。) 娘の学校の真意もそういうことなのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
勉強って確かに自分でしないと意味がないんですよね。
ただうちの娘なんかは、塾や先生の発破がないと、自分を
奮い立たせることができないというのもあって、親より他の
人に何か言われた方が頑張るというのも事実なんです。
学校がたくさん宿題を出してくれるので、日々勉強しない
ということはないのですが、それでも厳しいと言われている
学校の割に娘を見ていると、まだ全然余裕じゃんと思ってしまう
ようなのらりくらりで、本人の意識の問題だなと思います。
学校が頑張っても本人がついていかなければ、やはりだめで
そう考えると自己責任というのは本質をついていると思います。
2013/07/09(火) 14:07:49 | URL | まめっちママ #-[ 編集]
まめっちママ さん、こんにちは。

塾や先生の発奮があれば勉強できるというのは、やっぱり
勉強する力があるんだと思います。うちは、誰の発奮も
効果ないですもん。結局勉強することそのものも才能なのかも。
もちろんそれだけで人間の価値が決まるわけではないし、
勉強ができる人が仕事ができる、良い人生を送れるわけでも
ありません。ただ、勉強の才能がないと、学生時代は辛い
ですよね。

中学の時代に余裕があるというのは、素晴らしいと思います。
今からいっぱいいっぱいやっていたら、高校生後半が心配
ですから。
娘さんのペース配分は、傍目から見るとスパートが効きそうで
良さそうです。
2013/07/12(金) 10:42:31 | URL | Faith #i1jUUG.6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。