2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカで買ってきて良かったもの(その2)
2012年01月18日 (水) | 編集 |
それは、Longabergerのバスケットです。
実は、もっと買ってくればよかった・・・と後悔さえしています。というのも、お値段がお値段な上に、「日本の家にはあまり合わないから、そんなに買い込まないほうがいいよ。」という声もちらほら聞いたので、(そうだよねえ、要するにただのカゴなんだし。)と、相当に自粛し、厳選してお買い物をしました。でも、帰国して、自宅にLongabergerのバスケットを置いてみたら、とっても素敵です。部屋の雰囲気にもぴったりなような気がします。よく考えると、自宅はばりばり洋風の家で、アメリカから輸入した木製サッシ&格子枠を使っていたりするのでした。アメリカの借家なんかよりずっとLongabergerが映えます。他にも欲しいものが2~3点あったのを、買っておけば良かったなあ、と日本で後悔してももう遅い。

普段は読みかけの雑誌や新聞を入れています。
DSC05995s.jpg

もう少し可愛いものを入れたほうがいいのでしょうけれど・・・。
DSC06033s.jpg

上の2つのバスケットは帰国直前にぎりぎりまでカタログを見ながら悩んで注文したもの。引越しまでにバスケットの到着が間に合わなかったら夫の事務所に届けてもらう手配までしていましたが、幸いなんとか間に合って、ホストの方がSaratogaの家までわざわざ届けてくれたのでした。(あのときは嬉しかった!)

このほかに、パンを入れる細長いカゴ、マフィンなど焼き菓子を入れる正方形のカゴ、アイアン製のカトラリー入れを持っていて、どれも自宅で活躍中です。(まあ、Michaelsで買った白いバスケットも普通に使っていますが・・・。値段は5分の1?、10分の1?)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。