2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前期終了
2013年10月11日 (金) | 編集 |
娘も息子も前期が終了して、通知表を持ち帰りました。

成績は、二人ともまあまあだったかな。
娘のほうは、わりと学校の点数の付け方が甘いので、親からすると、ん?と思う教科がたくさんあります。例えば、数学や物理はテストの点数からすると2でもいいはずなのに3がついているし、現国はどう考えても4なのに5になっているし。まあ、テストの点数だけではなく、提出物などの評価も入っているのかも。娘は息子と違って、そのへんはまあまあちゃんと出すほうです。こんなに甘い評点の付け方のため、娘は評点平均4.3を超えていますが、なんと学年の4分の1以上は4.3を超えているらしい。うーん、推薦とかはどうなるのだろう・・・。
それはともかく、先生のコメントには「高校生になって、勉強が計画的にできるようになりました。頑張りましたね。」とありました。コメントも甘め?ではありますが、本人は鼻高々。まあ、この調子で頑張ってほしいものです。

一方、最近はもはや中2病?!とも思えるような小学5年生の息子。国語、算数、理科が3で、あとは全部2(3段階評価)。All3の子も多いのでしょうけど、まあこんなものかなあ、と少しほっとしました。このところ全く家で勉強しないし、態度も反抗的なので、もっと酷いかと想像していたんです。
図画工作は、本人的には得意のはずで3も取れそうだけど・・・息子いわく:「My teacher doesn't know what I'm capable of.」と生意気な発言。いやいや、たぶん授業中不真面目な態度で適当にやっているのでしょう。
先生の総評には、「授業中たくさん発言をし、授業を引っ張っています。」みたいなことが書いてあったので、まあまあよしとしましょう。

ただ、社会が2というのが・・・。うちの家族で社会が不得意なんて! 私も夫も社会科科目は得意だし、娘の唯一の得意科目でもあります。おかしいなあ。でも思い返すと、私も小学校の頃は、社会はあまり好きではなかったかもしれません。日本の農業や、平野の名前など、あまり興味が持てなかったんですよね。中学校に入ってから、世界史や現社は得意になったので、息子も大丈夫かも。理系には社会科はあまり重要ではないかもしれないし。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。