2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Diary of a Wimpy Kidの新刊
2013年12月02日 (月) | 編集 |
息子がA Series of Unfortunate Eventsの9巻を読み終わりそうなので、10巻~12巻セットを注文しようとamazon jpを開けたところ、Diary of a Wimpy Kidの新刊をお勧めされました。毎年これくらいの時期に新しい巻が発売されるみたいですね。アメリカのアマゾンのレビューを読むとみんなが絶賛していたので、A Series of Unfortunate Eventsと一緒に早速注文。

Diary of a Wimpy Kid #8 - Hard LuckDiary of a Wimpy Kid #8 - Hard Luck
(2013/11/05)
Jeff Kinney

商品詳細を見る


この前の土曜日、夕食前にうちに配達されました。すると、息子は夕食が終わってからおもむろに読み始めて、なんと2時間弱で(1時間半ぐらいだったかなあ)、一気に読み終えてしまいました。そんなに面白かったのか?!とびっくり。絵もいっぱいある本なので、短時間で読めるのは確かなんですけど、それよりも、いつも英語の本はせいぜい25分くらいしか続けて読めないのに、そんなに長い時間読んだことに驚愕しました。

この本は漫画みたいな絵がふんだんに盛り込まれているため、ゾロリみたいな感じかと以前は先入観がありましたけど、実際に読んでみると、文章は洗練されているし、読み応えがあります。(もちろんゾロリも低学年の子には素晴らしい本ですが!) 平易なトピックをしっかりした英文で書くという意味で、高校生の英作文の練習にも良さそう。もともとの内容としては9歳から12歳ぐらい向けかと思われますが、16歳の娘も喜んで読んでいます(精神年齢が低いのかも)。 
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。