2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進研模試
2013年12月05日 (木) | 編集 |
娘の学校では、高校生から外部の模試を受けます。この前受けた模試の結果が返ってきたんですけど・・・国数英の偏差値グラフが恐ろしいことに。極端な二等辺三角形。数学の偏差値が40台で、国語が50台って。受ける大学があるのでしょうかね?! 唯一の慰めは、塾などは一切行っていないこと、試験前を除くと自宅勉強時間はゼロなこと。つまり学校の授業でしか勉強していない(それもだいたい居眠りしているらしい)ため、少しは伸びしろがあるかも・・・と信じたいです。

英語の偏差値は、83になっていますが、まあこれはいちおう帰国子女ですから、こんなものですよね。校内順位は5位で、同じ学校には偏差値が90近い人がいそうです。高校3年生になってこの偏差値が維持できればいいですが、残念ながらとてもそうは思えません。

というのも、英語の答案を見たら、英作文のところに「I have tried...(略)... five years ago.」なんて書いてあります。思わず呆れて、「現在完了の文章にagoを入れたら、絶対駄目じゃん!」と叫んでしまいました。「アメリカ人がどう使うかは知らないけど、日本の英文法では、現在完了に過去の表現を使ったら駄目なんだよ! 日本の英文法の基本中の基本でしょ!!」 すると「そうなの? 現在完了ってどういうときに使うんだっけ? しょっちゅう使わない?」 はあ?!? 「現在完了には、継続と完了と経験の3用法があって、それぞれ使われる単語が決まっているんだよ。alreadyやyetは完了とか、~times、never、everは経験とか。中学のときに習ったでしょ?」「ええ~、そうだっけ?」 公立高校の生徒なら全員知っていることなのに、全く覚えていないなんて驚愕ものです。

もう一つの英作文も「Is this your first time to Kyoto?」なんて書いてあります。ま、アメリカ人にそう言っても、完璧に通じると思います。でも、日本の英語では、「Is this your first visit to Kyoto?」と書かないと、満点はもらえないでしょう。これも基本の構文ですよねぇ。
まあこのへんは中学英語の範囲内ではありますが、こういう日本式英文法の基本を落としたままで大学受験に通用するのか、これからいっそう難しくなる英文法(日本式の)を娘はマスターできるのか・・・答えは2年半後ですね。(意外ともうすぐなんだなあ)

今回の英語で一つ良かったことは、いつもは苦手なアクセント・発音問題が全問正解していること。娘の話す単語のアクセントや発音はもちろんほぼ正確なのですが、どういうわけか問題は解けなかったんです。(謎ですよねぇ!) でもこれは娘だけの問題ではないらしく、なんと数週間前に娘の英語のニュージーランド人の先生が帰国生クラスで「あなたたちの多くはアクセント・発音問題に苦労していますが、これはよくあることです。ではちょっと特訓をしましょう。」(娘は実際にはこの部分を英語で言ったんですが、詳細を忘れたので日本語にしました)と、授業を1時間つぶし、みんなで練習したのだそうです! 娘によると「おかげでコツをつかめた!」 どんなコツなのか聞きましたが、「スペルにとらわれるな、とかそういう感じ」とさっぱり要領を得ませんでした。
それにしても、英語の単語を正確に発音できる帰国生が正解できない発音問題って・・・。そのために特別に特訓をする帰国生たちというのも、可笑しいというかなんというか。つまりアメリカ人にあれを解かせても正解できないのかな?
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。