2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変人4人組
2012年02月03日 (金) | 編集 |
小6の夏に帰国して、以前通っていた公立小に編入した娘。それはいろいろなことがありました。幼馴染もいるし、こまめに体験入学していたし、大丈夫なんじゃ?と期待していたけれど、やっぱり甘かったです。予想どおりといいますか、一ヶ月間無視されて誰からも口を利いてもらえなかったり、「あんたは女子じゃないから」と言われて男子トイレを掃除させられたり。(後になってから打ち明けられた・・・) 「ママ、日本の学校は戦場だよ! とにかく嘗められたらもう終わりだよ!」 私の時代はそんな恐ろしいところではなかったのに~と親はおろおろするばかり。クラスのボス的な女の子から「きもいよ、死ねよ。」と言われても、絶対に視線を外さず「そっちこそきもいんだよ。うざっ!」と言い返さなければいけないと聞いたときは、やくざの世界ですか?!と驚愕。娘は大変気が強いので、たぶん戦場の中でもやっていけたし、実際それなりにやっていました。でも逆に過剰に適応してしまったというか、間違った方向に行きそうな危険な雰囲気が。アメリカでは想像もしなかった言葉を使い、日本のギャル風なお化粧をしてみたり、アメリカ風な服装は「きもっ」と言われるからとできるだけ日本っぽい服を着たり。このまま公立中に進んだらもっとすごいことになりそうと親のほうが怯えて、田舎には数少ない私立の学校を受験することを晩秋になって決めたのでした。

この近くで帰国枠がある学校が一つしかなかったために、選択の余地はなし。娘の進んだ学校は、目の玉が飛び出るほど学費が高い(泣)学校です。ただそのおかげで、女の子は基本的にお嬢さんが多い印象。娘曰く「みんなすごく優しい。公立と全然違う。」 いやいや、それだけでも高い学費を払っている甲斐がある・・・いや、お勉強のほうも結果を出してくれないと困りますけれどね。あと、やっぱり帰国生は、娘も含めて全く人目を気にしないマイペースな子たちなので、気楽だそうです。

さて、今の娘の仲良しグループは4人。娘も入れて2人が帰国生です。ものすごい変人な4人組で、クラスの他の子たちからも距離を置かれているほどだとか。テンションが高すぎるらしい。「どういう風にあなたたちは変人なの?」と聞くと、いろいろ話してくれました。一部を公開しますと・・・

・ハニー
4人はお互いを「ハニー」と呼び合っている。そして「ハニー会議」というものもあり、これは教室の窓のカーテンの中に4人で入り、ひそひそ話をすること。

・宝塚
1人のお友達がもともと宝塚の熱狂的ファンだったことから、全員がファンに。ロッカーに特に好きな人のポスターを貼って、拝んだり土下座したり。廊下を歩いている人に変な目で見られる(そりゃそうでしょう)。
教室で4人で宝塚のお気に入りの歌を熱唱、ときには劇の再現・・・。

かなり迷惑な4人組のようですが、クラスメートたちは放っておいてくれているみたいです。「休み時間が楽しすぎて、授業中は疲れて寝ちゃったよ。」 おいおい(怒)!!
こんな変人にはなかなかめぐり合わないだろうからと、3年進級時のクラス替えを極度に恐れている娘。確かに・・・。せめて2人ずつくらいは同じクラスになれるといいね(笑)。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。