2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカで買ってきて良かったもの(その3)
2012年02月10日 (金) | 編集 |
とても平凡ですが食器。私はアンティークの食器は集めていないので、ごく普通の普段使いの食器の話ですが。
Crate&Barellで買ったシンプルな白いボウルやお皿、コップなど、毎日愛用しています。無印などでも売ってそうですし、実際売っているのですが、なんでだろう、日本では引越し直後ぐらいでないと、さあ、食器を買おうという気持ちになれないんですよね。日ごろの生活で、あまり食器を買うモティベーションがないとでもいいますか。だから、うちの食器棚には、最初のアメリカ生活で買ったお皿たちと今回のカリフォルニアで買った器たちばかりが並んでいます。(地震で割れなくて良かった!)

ギルロイのアウトレットに以前Royal Doultonのお店があって、そこで買ったものもずいぶんあります。一度お店に行ったとき、全店半額ぐらいのものすごく大きなセールをやっていて、マグカップやお皿、キッシュを入れるような深い大皿を買い込みました。その次も楽しみに行ったら、なんとお店がなくなっていました。あの大セールは、閉店セールのようなものだったんですね・・・。

帰国直前に行ったカーメルのVilleroy&Bochのお店で一目ぼれした買った大きな角皿。

DSC06027.jpg

お正月にお節料理を少しずつ盛っても華やかで重宝しています。
昔ニューオーリンズのホテルで朝食を食べたとき、アメリカ南部の雰囲気にぴったりの明るい素敵な食器のセットがとても印象的だったんです。それが、Villeroy&Bochのバスケットというシリーズ。帰国するまでに、アウトレットなどで頑張って買い揃えて、今でもお客様とお紅茶を飲むとき、クリスマスにケーキを食べるときなどに使っています。(前は食器棚の上段に飾っていたけれど、今は地震を恐れて一番下の棚に・・・。)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。