2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職人な娘
2012年02月14日 (火) | 編集 |
Happy Valentine's day!

DSC06109s.jpg
娘の学校はなぜか昨日の月曜日が休みでした。おかげで、一日チョコ作りに取り組みことができたわけですが、午前11時から始めて、私が寝た午前1時になってもまだラッピングしていましたけど、どうなっているんだか~(呆)。去年はトリュフだけで、お友達に比べて淋しかったからと、2年目の今年はパワー・アップ。トリュフ2個、ハートのクーキー3枚、アルファベット型のクッキーを一つ(名前のイニシャル)のセットを40人分、特に親しいお友だちにはそれに加えてマドレーヌ。これだけ作れば、そりゃ一日キッチンを占拠することになりますよねぇ。夕食後に、これからクッキーを120枚焼くと言われたときには気絶しそうになりましたよ・・・。お友達のお母さんからのメールでは、同じくキッチンが占領されて使えないために夕食はホカ弁にしたとのことでしたが、うちもそうすれば良かったです。(来年はそうしよう。)

幸い、机の上の勉強は苦手な娘ですけれど、大変な職人気質なので、お菓子作りは得意です。できたクッキーなどもなかなかの美味。12時間お菓子を作り続けることのできる根気と体力があれば、もう少し勉強のほうもなんとかなりそうなものですが、娘に言わせるとお菓子を作るのは楽しいから苦ではないけれど、勉強は無理だそう。そんなものでしょうか?! こういうのを見せ付けられると、娘には大学などより、何か違った進路のほうが合っているのかなあと思ったりします。もう少し職人っぽい仕事・・・。でもそれが何なのか思いつきません。普通にお菓子職人?
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。