2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春休みの読書
2012年03月30日 (金) | 編集 |
ずいぶん前から春休みに入っている娘と息子。毎日のんびり過ごしています。学年末の成績は、というと、娘が良かった科目は、英語、歴史、美術。数学は底辺は脱したものの、国語とともに冴えない成績。んー、どんな進路が考えられるのか・・・。美術の先生なんてどう?と言ったりもしましたが、採用人数が少なそうですよねぇ。

息子は、やっぱり国語だけ悪かったです。春休みで、ほかに宿題もないので、以前に買ったものの手をつけてなかったこれをやらせてみました:
どっかい・さくぶんトレーニングろんりエンジン 3年生 小学生どっかい・さくぶんトレーニングろんりエンジン 3年生 小学生
(2007/04)
出口汪

商品詳細を見る


でも、字が恐ろしく汚い、ときどき送り仮名を間違っていることを除けば、読解自体はよくできています。読解以前の基本的な問題なのでしょうか・・・。ひらがなが読めないくらい乱雑って、困りますねえ。だからって不器用か?というとそういうわけでもなく、工作や絵を描くのは得意なんです。本人が、丁寧に書く気にならない限り直らないような気がします。

春休みで毎日英語の本を読めるため、息子はさっさとCharlie and the Chocolate Factoryを読了しました。映画とエンディングが違っていたらしい。そう言えばそうだったかな?

予定通り、今はこちらの本に取り組み中:
George\'s Secret Key to the UniverseGeorge\'s Secret Key to the Universe
(2007/10/23)
Stephen Hawking、Lucy Hawking 他

商品詳細を見る


ホーキンズ博士が書いた宇宙の本です。小説仕立てになっているみたい。わりと面白いらしく、今日は30分ぐらい読んでいました。親がぱらぱらページをめくってみても、写真や図がたくさん載っていて、とてもためになりそう。春休みのリーディングはこれ1冊読めばOKかな。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。