2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メキシコのコロニアル都市
2012年04月02日 (月) | 編集 |
前回の続きで、メキシコのコロニアル都市の写真などをちょこっと。

メキシコ中央高原のあたりに、スペインの影響を色濃く受け、周辺にある銀山のおかげでかつて非常に発達した都市がいくつかあります。どの町も美しいそうですが、私たちが行ったのはグアナファト(Guanajuato)とサン・ミゲル・デ・アジェンデ(San Miguel de Allende)の2つだけ。お互いに結構離れていて、子連れには2つの町を訪れるのがやっとでした。両方とも世界遺産に指定されています!

カリフォルニアのオークランド空港からわずか飛行機に4~5時間乗っただけで、こんなにも別世界が広がっているなんて! アメリカの画一的な町とはまったく違う、驚嘆するほど可愛らしい町たちなんです。ちょっと南イタリアにでもありそうなヨーロッパ風の町並み。でも、微妙にヨーロッパとは違っていて、もう少し素朴で、もう少しのんびりとしていて、でも、宝石箱をひっくり返したような、不思議な魅力に溢れています。

丘から見下ろしたグアナファト。
DSC08761s.jpg

丘から見下ろしたサン・ミゲル・デ・アジェンデ。
DSC08902.jpg

サン・ミゲル・デ・アジェンデの通り。
DSC08918.jpg

メキシコの小学生の制服姿はすごく可愛い!
DSC08930.jpg

メキシコ雑貨も、とても興味深いものがいろいろあるんですよねぇ。いくつか買って、今も家に飾ってあります。安かったし、もっと買い込めば良かったなあ。
DSC08882.jpg

上手く写真には撮れませんでしたが、夜景も泣きたくなるほどロマンティックで美しいのです。
また行きたいけれど、日本からでは遠すぎて行けない・・・。老後の楽しみ? でも、観光地化されているとは言え、まだまだ素朴で自然な魅力のある町が、これからどう変わってしまうのか・・・。数十年後まで今と同じ姿でありますように。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。