2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事探し
2012年04月21日 (土) | 編集 |
アメリカから帰国して半年後ぐらいから今まで、在宅で仕事をしていました。校正や原稿整理や時には原稿書きといった出版プロダクションの下請け的なお仕事。好きな種類の仕事ですし、適性もあったと思うんです。でも、とにかくこの仕事はなぜか波が激しくて、忙しいときは日夜土日を問わずなのに、暇なときはなんと1ヶ月も何もなかったり・・・。息子も小学4年ともなると6時間授業の日も増え、そうなると朝7時20分に出かけると夕方4時半まで帰ってきません! (日本の小学校の拘束時間、長すぎです。サラリーマン並みじゃないですか!) いくらなんでも日中時間が有り余りすぎるので、3月初めから仕事探しを始めたのですが・・・。平日のうち3日間は息子の習い事の送迎があり、週に2日ぐらい深夜3~4時ぐらいに起きる謎の趣味を持っているので、働けるのは週に3日、9時から4時ぐらい? でも、そんな都合の良い仕事、ハローワークのネットを見てもまったく載っていません・・・。んー、仕事ないんじゃ仕方ないなあと思っていたところ、お友達から「研究所なんかはホームページに採用情報が載っているよ。」と耳寄りな情報。なるほど~とネットをチェックすると確かに載っています。この近辺は国、民間の研究所が集中しているところなんですよね。とりあえず週に3日、労働時間が5~7時間ぐらいの事務の求人に絞って履歴書をたくさん送りました。在宅の仕事をするときにも履歴書は書いていたのでそれほど久しぶりというわけではありませんが、履歴書を手書きするのって本当に疲れますね。一字間違えると全部書き直しだし、資格の欄が「昭和」ばかりで、ああ、私って全然努力してこなかったなあと自己嫌悪に陥ったり。

せっかく面接してもらったのに落ちて、でも隣の部署に推薦してもらい、ところがそこの条件が週に4日で泣く泣く断ったり、などいろいろありましたが、幸い、一つのところに採用してもらって、5月から働くことになりました。週に3日、9時から4時半までの仕事です。車で15分という近さが大変ありがたいです。息子が帰ってくるのに15分ほど間に合わないのがネックですが・・・いつもランドセルだけ置いてすぐに公園に出かけるので、なんとかなるかなあ。夏休みはどうしよう?とか、ブランクが長かったけれどちゃんと事務の仕事できるのか?とか不安はいっぱい。でも、まあ、働いてみないといろいろわからないですもんね。

今回就職活動をしてみて初めて知ったこと:
・履歴書は手書きでなくて、ワードで作ってもいい。 
-採用をいただいた方から伺いました。最近はワードやエクセルで作った履歴書のほうが多いとのことです。なあんだ。あんなに苦労したのに拍子抜けです。

・履歴書送付のときには、送り状などを添える
-基本的なことらしいですが、考えてみれば大卒で就職活動していたときは、履歴書を送付した記憶があまりありません。持参していたのかしら、不思議。

私の場合は、子育てによるブランクに加えて、6年以上日本を離れていたというブランクもあるわけで、かなりの浦島状態です。いざ働くとなると、気後れするものですねぇ。でも頑張らなくては。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。