2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み突入
2012年07月24日 (火) | 編集 |
またまたものすごく間が空いてしまいました! とうとう夏休み突入ですねぇ。

今年の夏休みはいつもと違います。週に3日間は子供たちだけで過ごしてもらうことになるので。フルタイムで働くお母さんからすると信じられないでしょうけれど、このたった週に3日だけでもどう過ごしてもらうか、頭が非常に痛いです。というのも中3の娘はともかくとして、小4の息子のほうが鍵を閉めることができない・・・。普段から私の帰宅は息子が学校から帰る時間より20分ほど遅いのですが、私が家に戻るとたいてい鍵が開けっ放しになっているんです。どんなに携帯で「遊びに出るなら鍵は閉めていってね」と注意しても、すっかり忘れるようで。ここまで不注意だとは思わなかったなあ。最近では「外に遊びに出るなら、もう家には入らず、ランドセルだけ置いて出かけて!」と言っています。

こんな有様なので、夏休み中私が一日いない中でどんなことになってしまうのか、想像しただけで恐ろしいです。とりあえず娘には絶対に家にいてもらう、1週間ほどはインターナショナル・スクールのデイ・キャンプ、3日ほど祖母宅に預かってもらう、2日ほどは父親と釣り旅行といった対策を。極めつけは、私がお昼に家に戻って二人の様子を見ることに。往復で30分近くかかるので、私の昼休みが30分間になってしまいますが(涙)仕方ないですねぇ。1日放っておくと何か恐ろしいことになっていそうですから。小4で外に働きに出るのは早かったのか、いやいや、フルタイムのお母さんたちは赤ちゃんのときからこれをやっているのだからいくらなんでも大丈夫のはず、とぐるぐる考えてしまいます。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。