2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧血と吸血鬼
2012年10月29日 (月) | 編集 |
私はずっと貧血(鉄欠乏性貧血)です。長いこと貧血なので、その状態に慣れてしまって、あまり自覚症状がありません。でも2年くらい前は、自転車が漕げなかったり、自宅の2階に上がるだけでぜーぜー息切れしたり、徒歩5分のスーパーまで歩けなかったり、いろいろ支障が出てびっくりしました。幸い、お医者さんで処方された鉄剤を2ヶ月ほど飲むと復活します。ただ1年くらい経つとまた貧血状態に逆戻りしてしまうんですよね。

最近とても疲れやすくて、貧血にまた入っているかなあと疑っています。実は貧血になるとてきめんに現れる謎の症状があって、それはやたらと堅い生の野菜が食べたくなるというもの。生の人参はもちろん、生のキャベツの芯のところ、生のカリフラワーの芯のところ、白菜の一番堅いところ・・・美味しくて食べずにはいられません。料理をしながら、がりがり食べてしまいます。どうやら貧血になると、氷食症といって氷をばりばり食べたり、生のお米を大量に食べることがあるそうで、それの一種のよう。一番貧血が酷かったときは、家の机や椅子にかじりつきたい衝動に駆られていました。すごく美味しそうに見えたんです。怖い衝動ですよねぇ。母親が家で柱をかじっていたら、それはホラー以外の何物でもありません。

そろそろお医者さんに行って鉄剤をもらってこないとダメそうです。吸血鬼ってこんな感じなのかも。というか、吸血鬼の話を考えた人はきっと貧血だったんだろうと思います。
ハローウィーン間近にふさわしい話題になったでしょうか。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。