2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレスクールについてもう少し
2012年11月29日 (木) | 編集 |
息子がカリフォルニアで2年間通ったプレスクールについてもう少し書きます。この前書いたとおり、プレスクールといっても、お勉強系からのびのび系からいろいろあって、預かり時間や曜日も千差万別。親はたくさんのスクールを見学しなくてはいけなくて、本当に選ぶのが大変! 息子が通った園は、3歳児クラスが週に2日9時から12時、4歳児クラスが週に3日9時から2時でした。いくつかの園を比較した中でもかなり最小な部類の預かり時間です。

お部屋の全景。
DSC03541s.jpg

4つくらいのコーナーに分かれていて、工作をするところ、仮装するところ、積み木、おままごとのコーナーなどあります。お部屋に行ってすぐはとりあえずフリータイム♪ 思い思いの遊びで過ごします。椅子に座っている後姿の男の子が息子です。

それから30分ぐらいは先生の周りに集まって、歌を歌ったり、絵本を読んでもらったり。
DSC07707s.jpg

その後10時半から親が持ち寄った果物やチーズでスナック・タイム。それが終わると教会のお庭で外遊びという流れです。基本的に自分の好きなことしかやりません。集団行動はほぼありません。アメリカ人がマイペースに育つのも当然でしょうか?! このプレではお部屋の定員は12人でしたし、キンダーや1年生に上がってからもクラスは20人弱。帰国してから日本の小学1年生の教室に行って改めて「人が多いな!」と思いました。

プレスクールでは通常の遊びの他にも、毎週遊びのテーマがありました。親まで朝プレに行くたびにワクワクしていました(笑)。今日はどんなものが用意されているかなって。娘もよく「私もこういう幼稚園に通いたかったなあ」と言っていましたね。「日本の幼稚園とかさ、ボロボロの古いおままごととか壊れたブロックばっかりだったよ!」 ま、娘の行った幼稚園が少し古かったのかもしれません。

本当に楽しそうだなあ。
DSC05545s.jpg

DSC05544s.jpg

DSC05552s.jpg

しかし何事にも悪い面はあるもので・・・プレスクールの費用は半端なく高かったです。週3日の9時-14時(お弁当持ち)で月に400ドル。今なら円高なので3万2千円ぐらいですけど、当時は4万円越えでした。日本の幼稚園の2~3倍は高い。子供12人に先生2人ですから、ものすごく手厚いんですけどね。先生から深~く愛情を注がれ、褒められまくって過ごした2年間でした。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。