2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今どきの修学旅行
2012年12月07日 (金) | 編集 |
中3の娘が広島・京都の修学旅行から帰ってきました。行く前は、「宝塚情報から一週間近く遮断なんて考えられない、行くの面倒~、行きたくない~!」なんて言っていましたが、行ってしまえばそれなりに楽しかったようです。

うん十年まえの自分の頃の修学旅行と比べてびっくりなことがいろいろ・・・。

- 荷物は事前に宅配便で送る、帰りも宅配便で自宅まで配送
昔は宅急便なんてなかったですもんね。大きなバッグを持って新幹線に乗ったものですが。

- 広島に行くのに飛行機
これは私立の学校だからかなあ。

- 羽田空港に現地集合
羽田が近いならともかく、うちから羽田まで電車を乗り継いで2時間近くかかります。それを現地集合にするって先生たちは勇気があるなあと思いました。しかも携帯の所持は禁止。遅刻したり、電車が遅延したりしたらどうなるのでしょう。結果的には、200人以上の生徒は一人も遅れることなく羽田空港に集合できたそうです。娘は羽田は3歳のときに行って以来で初めてのようなもの。ただ唯一の取り柄で方向感覚は素晴らしいので(笑)、全く心配しませんでした。でも中学生のときの自分だったら辿り着けないような気がします。

- 宿のお部屋で鍋
娘が帰宅した日の晩は奮発してしゃぶしゃぶにしました。すると娘は「おととい、旅館の部屋で食べたよ。みんなで盛り上がって、むっちゃ楽しかった!」 修学旅行の中学生が部屋食でしゃぶしゃぶ鍋って、贅沢すぎのような。もう一日は湯豆腐鍋だったとか。そりゃ一日歩き回ったあとにお風呂に入って、お部屋で友達とわいわい突く鍋は楽しいことでしょう・・・。

ここまで書いてきて、時代というより、公立の中学校と私立の中学校の差のような気がしてきました。楽しいことばかりではなく、初日は土砂降りの中、広島の島の周りを4キロ歩いたり、延暦寺で午前4時半から座禅を組んだりと、いろいろ修行も(?)したようです。でも座禅は事前の学校での練習のほうが厳しく、本番の延暦寺のお堂での座禅は思ったほど辛くなかったとか。「大津の夜景がめっちゃ綺麗だった」とか言っていました。あんまり修行できていないようですね・・・。 
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。