2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書レベル-Lexile Range
2013年02月21日 (木) | 編集 |
この前、Lexile Measuresというものを初めて知りました。単語の難易度や文章の長さから本の読解難易度を数値化したものらしいです。
こちらのホームページで息子の読んだ本をいくつか調べてみました:Find a Book

Mysterious Benedict Societyシリーズ:890~900
You Have To Stop ThisなどSecret Series:760~780

Benedict Societyはパラパラ見た感じ、結構難しそうなので、大体私が思っていた難易度と一致していそうです。
ただ、

Diary of a Wimpy Kid: The Third Wheel:1060
Harry Potter and the Sorcerer's Stone:880
Harry Potter and the Half-Blood Prince:1030
The Lightning Thief(Percy Jacksonシリーズ):740

ええーっ! ウィンピー・キッドがハリー・ポッターより難しい?! ハリーは最終巻まで頑張って読んだけれど、かなり難しかったです。バスルームに置いてあるウィンピーはときどき読みますが、確かに思っていたよりはちゃんとした文章ですけれど、それでも断然ハリー・ポッターの後のほうの巻の方が難しいと思う。
この数字に従うと、息子はハリーは充分読めて、パーシー・ジャクソンは余裕という感じになりますね(本当かなあ?)。

でもWikipediaの最後に面白い表がありました:
bb44.jpg

ヘミングウェイの「日はまた昇る」が「Charlotte's Web」よりも易しいことになっています! 「武器よさらば」もかなり易しい認定。文章の長さ、複雑さから機械的にレベル分けすると、こんな結果になるんですねぇ~。Wikiにも、内容の難しさ、テーマの成熟さについては対象となっていないので、grade6以上になったら他の方法で本をチョイスするほうが望ましいと言われているとありました なるほど~。今のところは、本を選ぶ目安にはなりそうです。
「武器よさらば」は大昔に好きで何回も読んだ本なので、自分が英語で読んでみようかな?(文章短めで、単語も難しくないということですもんね)


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
以前から息子がLEXILEのチャートを持って帰っていたのですが、今回初めてLEXILEについて調べてみたという鈍感な母親です(^_^;)。私もハリー・ポッター、パーシー・ジャクソン、ウィンピーキッドの3つスコアの比較で驚いたところでした。

うちのG7男子は本よりも運動というタイプで、パーシー・ジャクソンシリーズからようやく本に向き始めてくれました。さきほど息子にどうかと思いマイケル・クライトンで調べたら、600台のスコアの本もたくさんあり、また驚いています。

Lexileはやはりwikiに書いてあるように、小学生が目安として使う程度がいいのでしょうね。私はGoodreadsのグレード別のブックリストも参考にしています。グレード7ではこんな感じです。
http://www.goodreads.com/genres/grade-7

また遊びにきますね。
2013/03/18(月) 20:34:05 | URL | hide #-[ 編集]
こんにちは!
G7のリスト、拝見しました。とても興味深いです、参考になるリストを教えていただいてありがとうございます! Wimpy Kidがいっぱいありますね~。パーシー・ジャクソンはG7にもG5にもリストアップされているようですね。うちの息子はどうもパーシー・ジャクソンには乗り気ではないのは、少し早いのかなあ。(映画は好きなのに)

マイケル・クライトンがLexile600台というのにはびっくりです。ジュラシック・パークの著者ですよね。英語で読んだことはありませんが、少なくともWimpyよりは難しい気がします(笑)。

子供の本選びには本当に時間がかかって頭を悩ませます。またぜひぜひ遊びに来てください♪
2013/03/21(木) 00:19:43 | URL | Faith #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。