2009年にカリフォルニアから帰国。帰国子女となった97年生まれの娘と02年生まれの息子との日常をのんびり書いています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国子女は英語の文法がわからない?
2013年03月31日 (日) | 編集 |
毎日のようにチャレンジのDMが届きます。最近来たものに、高校新入生テストの予想問題というのがあって、英語にこんな問題が出ていました。

(1)と同じ意味になるように(2)の ( ) に単語を入れなさい。

(1) It was cold yesterday. It is still cold today.
(2) It ( ) ( ) cold ( ) yesterday.

日本の学校で英語を勉強した人ならすぐにわかりますが、はっきり言って、これはアメリカ人にもわからないのではないかと思います。試しに息子にやらせてみました。息子がすぐに言ったセンテンスは:It is cold like yesterday.
「でもそれだと ( )が埋まらないよ?」と言ったら、「うーん、それじゃ、It (is) (still) cold (like) yeterday.」なるほど~と密かに感心しつつ、「違います。正解はIt (has) (been) cold (since) yeterday.です!」。「ええ~、何それ? そんなの全然思いつかないよ。」 
確かに、「昨日は寒かった。今日もまだ寒い。」をまとめようとしたら、「今日も昨日みたいに寒い。」が一番素直な言い方かもしれませんね~。ここで唐突に「現在完了の継続」を使うのは、日本の英文法の定番中の定番、大きな約束事で、受験生だったら絶対に外してはいけない文法事項ですが、私はネイティブではないから断言できないものの、アメリカ人には定番ではないような気がします。少なくとも(1)から(2)を言い換えるときに機械的に現在完了が出てくるような約束事ではないはずです。

日本の学校で習う英文法にはこういう日本独特の約束事が多くて、アメリカ人でさえわからないんじゃ?というような奇問が数多くあると思います。よく言われる「帰国子女は文法がわからない」という言葉、自分の子供たちが帰国子女になるまでは、「そんなもんかあ」と思っていました。でも、今となってはちょっと違う、正確には「帰国子女は日本で教えられている英文法がわからない」だなと感じます。うちの娘などは出来が悪いのであまり参考になりませんけれど、アメリカの学校ではLanguage Artsとして英語の文法、語法などはしっかり叩き込まれますし、帰国子女が文法がわからないなんて有り得ないわけです。
そういえば今朝リモコンを探していた息子から、「Have you seen the remote?」と聞かれて、現在完了使えるんだなと思いました(笑)。

私自身は中学、高校時代に割合ちゃんと英文法を勉強して、好きだったし得意なほうでした。後に夫の留学中に暇だったので自分も大学院に入学したとき、学生時代に日本で勉強した英文法は基本的にはとても役立ったんです。きちんとした英語を読み書きするために文法は必須ですもんね。ですから、日本の学校で英文法を教えることはとても大事だと思います。でも、文法はあくまでも英語の読み書きを支えるためのツールであって、アメリカ人が聞いたこともないような用法や滅多に使われない熟語をテストすることで差をつけるのは、ものすごく無意味なことに思えます。そういう枝葉末節ではなく、自分の言いたいことを的確に正しい英語にする、また、英語で書かれたもの、言われたことを正確に理解する、そういうことのために英文法が必要なのに、現代の日本で教えられている英文法はなんだか違うんですよね。日本人が日本人を選別するために英語の文法を独自に変えてしまっているような・・・。娘の友達で12年間アメリカで生まれ育った子がいて、もちろんTOEICは満点に近い得点ですが、一般の生徒が受ける普通の英語のテストは良い点が取れないそうです(娘によると)。優秀な子を選抜するという意味ではこういうテストは意味があるかもしれませんが、英語の習得という面から見ると完全にポイントがずれていて苛立たしいです。でも大学受験がある限り、中学校や高校では日本式英文法を生徒に課さざるおえませんね。

ところで最初に戻って、息子の回答、これってバツになるのでしょうか!? 少し不自然だけれど、意味も文法も間違いとは言い切れないような(笑)。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。